JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年05月19日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

フランス有名政治家、新型コロナウイルスに感染するも気づかず完治

新型コロナウイルスが猛威を振るうフランスで、昨年末にマクロン大統領がコロナに感染したことが話題になった。このほど、政党「国民戦線」の創設者であり元欧州議会議員のジャン=マリー・ル・ペン氏も、新型コロナウイルスに感染していたことが判明した。しかし92歳のル・ペン氏は、感染していたことが判明した時には、既に完治していたということで注目を集めている。

ル・ペン氏は『AFP』のインタビューに対し、「定期的に行っている血液検査で、新型コロナに感染していたことを証明する抗体を持っていることが判明した。風邪をひいた程度の中等度の攻撃力を持っていたに違いない」と述べている。しかし、風邪のような症状を感じた記憶はないと付け加えている。血液検査は2週間ほど前に受けていた。

同氏は、抗体をもっていることから「原則的に感染から守られている」はずなので、「現時点では予防接種を受ける必要はないということだ」とも述べた。...

全部読む

 

フランスの学校に忍び寄るイスラム主義、教師の37%が恐れのために自己検閲

フランスで16日、「市民と道徳」の教育授業で、表現の自由の例としてイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を授業で見せた公立中学校の教師が、イスラム教過激派の若者に殺害された。フランス政治界や教育関係者らは、国民教育の中で、共和国としての国の理念を脅かすイスラム主義の浸透を許してきてしまったことが問題だとし、共和国の理念の教育を守るための具体的な対策が必要だという声が上がり始めている。

『BFMTV』はこの事件に対し、元国民教育監察総局局長で、「イスラム主義の教育現場への浸透はどのようにして許されたのか」という本を 9月に出版したばかりのジャン=ピエール・オバン氏の見解を報じている。

オバン氏は、2004年に、学校でのイスラム主義の影響についての憂慮すべき報告書を提出していた。しかし、当時報告内容は注目を浴びることなく、政府は本腰を入れて対策を取ることはなかったと説明している。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組