JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年11月26日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

フェイスブックの顔認識技術で視覚障害者への機能充実と安全対策

米フェイスブックは、人口知能(AI)と既存の顔認識技術を使った、写真に写った人を認識する新サービスを発表。視覚障害のあるユーザーへのサービス充実と、なりすまし防止に役立てるという。

12月20日付『ヤフー・ファイナンス』(AP通信引用)は「フェイスブックがAIを使用した視覚障害者サービスを改良」との見出しで以下のように報道している。
8年前は盲目のユーザーは友人リストの友人を認識するのに半日費やしたが、今では音声ソフトのおかげで、数秒で済んでしまう。
火曜開始される顔認識サービスでは、写真の友人が誰か、タグ付されていない人でも認識が可能となる。顔認識機能は、人口知能アルゴリズムを使っており2010年サービス開始から変わっていないように見えるが、同社はフィードバックを通して、新領域に踏み切ったのだという。...
全部読む

 

米・英・ロシア・台湾メディア;米環境保護局長官が漸く就任

先週報じたとおり、トランプ政権発足後1ヵ月近くが経っても、閣僚15人のうち、依然6人の人事案が承認されない異例の事態となっている。その最中、トランプ大統領最側近の大統領補佐官(国家安全保障担当)が辞任したり、労働長官候補が突然指名を辞退したりと、相変わらず逆風が吹いている。そうした中、2月18日付【風の流れ:プルイット氏が環境保護局長官に・パリ協定は?】で述べられているとおり、オクラホマ州司法長官のスコット・プルイット氏の環境保護局(EPA)長官就任が上院本会議で承認された。ただ、オバマ前大統領の環境保護対策に批判的で、EPAを相手取り訴訟を繰り返してきたプルイット氏をボスに迎えることになる、EPA約1万8千人の職員の気持ちは複雑であろう。

2月18日付米『Yahooニュース』『マッシャブル』オンラインニュース配信):「EPAを訴えるという不快な趣味を持つ男が当該役所のトップに就任」
「●オクラホマ州の元司法長官のスコット・プルイット氏は2月17日、上院本会議において52:46票の僅差でEPA長官指名の承認獲得。  
●同氏はこれまで、バラク・オバマ前政権が掲げた種々の環境保護政策に批判的で、その政策を実行しようとしたEPAを幾度となく訴えた人物。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組