JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2019年09月17日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

香港返還21周年記念日に民主化活動家らが中国圧力を批判して大規模デモ敢行【米・英国メディア】

香港は7月1日、英国から返還されて21周年を迎える。中国は返還当初、中英共同声明で謳われた一国二制度を採用・維持するとしたが、習近平(シー・チンピン)指導体制になってから民主化への締め付けが厳しくなってきている。特に、2014年9月の雨傘革命(注後記)以降、中国中央政府による香港民主派の監視行動や抵抗運動阻止が強化されている。そうした中、香港返還21周年になる7月1日、民主派による大規模デモが企てられている。

7月1日付米『ロイター通信』:「中国中央指導部による締め付けが厳しくなる中、香港民主派が数万人規模のデモを呼び掛け」

  英国から中国に返還されてから21周年に当る7月1日、香港の民主化活動家らが、中国中央政府からの厳しい締め付けに抵抗する意思を示すため、数万人規模のデモ行進を呼び掛けている。

  デモを呼び掛けた民主化活動家サミー・イップ氏は、このデモは香港のキャリー・ラム(林鄭月娥、61歳)行政長官に向けられたものではなく、あくまでも、中国中央政府による香港自治権の侵害への抵抗を示すものだと語った。...

全部読む

 

トランプ批判を同僚とメール交信したFBI捜査官、司法省監察官による取り調べ中も依然FBI職員のままで移動には護衛付き【米・英国メディア】

2016年の米大統領選へのロシア介入疑惑を捜査していた米連邦捜査局(FBI)幹部が、同年3月にFBI同僚と、トランプ候補(当時)をこき下ろすメール交信をしていたことが判明し、目下米司法省監察官による取り調べが進められている。共和党議員は挙って、クリントン候補(当時)の国務長官時代のメール問題の捜査結果は、同幹部が捜査の指揮を執っていたことから歪められたと非難しているが、同監察官は今のところこれを否定している。なお、同幹部は懲戒処分に当るかどうかの取り調べが済むまで、依然FBI職員に留まっており、また、取り調べ時の移動には暴漢対策のための護衛付きである。

6月19日付米『ボイス・オブ・アメリカ』:「クリントン元国務長官のメール問題捜査担当のFBI捜査官、懲戒の是非取り調べ中で移動に護衛付き」

  FBI幹部のピーター・スツォク副次長補は、2016年3月にFBIの同僚と、トランプ候補(当時)をこき下ろすメール交信をしたことが発覚して、現在司法省監察官によって取り調べられている。

  同氏はかつて、ヒラリー・クリントン候補が国務長官時代に起こしたメール問題の捜査の指揮を執っていたことから、同捜査結果に公正さを欠いたおそれがあると非難されている。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組