JCCテレビすべて
特集 フィギュアスケート
2021年04月18日(日)
最新TV速報
【フィギュアスケート】
世界フィギュア・鍵山が2位(3月27日)
フィギュアスケートの世界選手権で、男子はネイサン・チェンが3連覇した。大会初出場の鍵山優真が2位になった。

フリープログラムで鍵山優真は190.81点を獲得し、合計で291.77点だった。羽生結弦は182.20点で合計289.18点で3位に転落。宇野昌磨は合計で277.44点で4位だった。



世界フィギュア・坂本6位(3月27日)
フィギュアスケートの世界選手権で、女子シングルでロシア勢がフリープログラムで高得点を獲得。表彰台を独占した。

日本勢トップは6位の坂本花織だった。フリープログラムで137.42点を獲得し、合計で207.80点で6位になった。ショート2位の紀平梨花はフリープログラムで126.62点で、合計205.70点で7位になった。



世界フィギュア・羽生が首位・鍵山が2位(3月26日)
フィギュアスケートの世界選手権は男子シングルのショートプログラムが行われ羽生結弦が106.98点でトップに立った。初出場の鍵山優真選手は自己ベストを10点近く更新して100.96点で2位につけた。

3位にネイサンチェン、4位に宇野昌磨が入った。


世界フィギュア開幕・紀平梨花・ショート2位発進(3月25日)
スウェーデン・ストックホルムで世界フィギュア選手権が開幕した。女子ショートプログラムで、ロシアのAシェルバコワが81.0点で首位。日本の紀平梨花は79.08点で2位に付けた。

坂本花織は70.38点で6位、宮原知子は59.99点で16位だった。


羽生結弦・被災地へメッセージ(3月11日)
仙台市出身のフィギュアスケート・羽生結弦が3月11日に合わせてコメントを発表し、東日本大震災の被災地にエールを贈った。

「10年という節目を迎えて、何かが急に変わるわけではないと思います。まだ、癒えない傷があると思います。街の傷も、心の傷も、痛む傷もあると思います。

まだ、頑張らなくちゃいけないこともあると思います。簡単には言えない言葉だとわかっています。言われなくても頑張らなきゃいけないこともわかっています。

でも、やっぱり言わせてください。

僕は、この言葉に一番支えられてきた人間だと思うので、その言葉が持つ意味を、力を一番知っている人間だと思うので言わせてください。

頑張ってください あの日から、皆さんからたくさんの「頑張れ」をいただきました。

本当に、ありがとうございます。

僕も、頑張ります」



過去の記事
1 2 3 .... 10 20 .... 27

「フィギュアスケート」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組