JCCテレビすべて
特集 トランプ政権を追う
2019年06月20日(木)
最新TV速報
【トランプ政権を追う】
トランプ政権“中国を優遇”郵便国際機関に脱退通知(10月18日)
米国・トランプ政権は、郵便物の料金の国際的な取り決めが、中国などを不当に優遇しているとして、郵便の国際機関からの脱退を通知した。トランプ政権が、貿易摩擦で対立する中国との対決姿勢をさらに強めたかたちなる。

米国・政府高官は17日、トランプ政権が、郵便料金などを国際的に定めるUPU(万国郵便連合)に脱退を通知したことを明らかにした。

その理由として米国・政府高官は、中国から米国に商品を輸送する場合に、UPUの規定で配送料が不当に抑制されているとした。...
全部読む


毒薬条項・悪魔は細部に宿る(10月18日)
米国がメキシコやカナダなどと合意した新たな自由貿易協定に、中国との自由貿易を厳しく制限する条項が盛り込まれ、今後の日米交渉にも影響が出かねないと注目されている。

「非市場経済国と自由貿易協定を発効させれば、この協定を打ち切ることができるという。この非市場経済国が中国。中国は反発している、日米協定でも同じような条項が盛り込まれる可能性がある。日中韓FTA、RCEPにも影響が出かねない。」との観測もある。


ジャーナリスト殺害疑惑・トルコ再捜査を急きょ中止(10月17日)
サウジアラビア政府を批判してきたジャーナリスト・ジャマルカショギがトルコでサウジアラビア総領事館を訪れたあと行方が分からなくなり、館内で殺害されたのではないかという疑惑が出ている。

トルコの捜査当局はサウジアラビア側と合同で総領事館の内部を捜査し、トルコ側は再び総領事館内の捜査を行う予定だったが、急きょ中止された。

一方、米国・トランプ大統領はツイッターでサウジアラビア・ムハンマド皇太子と電話で会談したことを明らかにし“彼は総領事館で何があったかまったく知らなかった”として関与を否定したと強調した。


トランプ大統領・マティス国防長官の辞任否定せず(10月15日)
米国・トランプ大統領は、関係悪化が伝えられているマティス国防長官について、テレビのインタビューの中で不仲説を否定した。

一方「野党・民主党員のようなところもある」と発言し、国防長官が辞任する可能性も排除しなかった。

トランプ政権の閣僚や高官の人事をめぐっては、先にヘイリー国連大使が年内の辞任を発表したほか、トランプ大統領が来月の中間選挙後にも人事刷新に乗り出すとの見方も出ている。


米国・トランプ大統領・牧師釈放・“新たな勝利”中間選挙へアピール(10月14日)
米国・トランプ大統領は来月の中間選挙に向けた集会で、トルコで拘束されていた米国人牧師が釈放され帰国したことを報告し「新たな勝利だ」と強調した。

中間選挙で与党共和党の苦戦が伝えられる中、外交成果をアピールして巻き返しを図ろうとしている。

トランプ大統領は、トルコで軍のクーデター未遂事件に関わったとして拘束され、釈放された米国人牧師・ブランソンをホワイトハウスに招き「懸命にトルコ側と交渉した」と述べて歓迎した。...
全部読む


過去の記事
1 ... 32 33 34 . 40 50 60 . 71

「トランプ政権を追う」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組