JCCテレビすべて
特集 トランプ政権を追う
2019年06月20日(木)
最新TV速報
【トランプ政権を追う】
米国・10月対中国貿易赤字が過去最大規模に(12月7日)
米国商務省は10月の貿易統計を発表し、国別で最も多い中国に対する貿易赤字は431億ドル(4兆8500億円余り)となった。これは前月比7.1%増加し、1か月間の規模としては過去最大を更新した。

内訳は、中国からの輸入は4.4%の増加となっている一方、中国への輸出は報復関税によって米国産の大豆の輸出が減少したことなどから6.7%減少。トランプ政権は貿易赤字の拡大を受けて、中国との協議で知的財産権の侵害への対応に加え貿易不均衡の是正を強く迫る方針である。...
全部読む


OPEC総会へ・原油・減産踏み切るか(12月6日)
サウジアラビアなど主な産油国で作るOPEC石油輸出国機構は来年の生産量を決める総会を開く。このところ値上がりから一転して値下がりしている原油の価格だが、高値を維持したい産油国が減産に踏み切るかが焦点となる。

トランプ政権はイランへの制裁を再開表明し、供給不足の不安から一次値上がりし、それから値下がりが続いている。

下落の原因はサウジアラビアやロシアなどが値上がりによる消費国の石油離れを懸念して増産したことことに加えて、米国もシェールオイル生産を増加させた。...
全部読む


トランプ大統領・米中協議決裂なら関税引き上げ(12月5日)
トランプ大統領はツイッターで「中国との貿易協議についておそらく合意するだろう」と投稿し期待感を示す一方で、「私は関税の男だ」と強調。交渉が決裂した場合は制裁関税を引き上げる方針を改めて示し中国を牽制した。

これを受けて、4日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、一時800ドル以上値を下げた。



米中首脳会談・米国・対中関税引き上げ一時見送り発表(12月2日)
米国のホワイトハウスは、アルゼンチン・ブエノスアイレスで米国・トランプ大統領と中国・習近平国家主席による首脳会談の結果、来年1月に中国からの2000億ドルの輸入品の関税を今の10%から25%に引き上げる一段と厳しい制裁措置を一時見送ることを発表。

米中の貿易摩擦が一層激しくなる事態はいったん避けられる見通しになった。


知的財産に関わるスパイ行為取締りのため中国人留学生への対応厳格化を検討(11月30日)
ドナルド・トランプ大統領は米中貿易問題に関し、これまで米国側にとって大幅赤字となっていることも然ることながら、中国による知的財産の窃取行為を大いに問題視してきた。

そしてこの程、知的財産保護の一環で、中国人留学生によるスパイ行為を取締るため、留学生へのビザ発給条件の厳格化のみならず、在米留学生の通話記録のチェック等素行調査も行うことを検討していることが判った。

詳細はGlobali『トランプ政権;知的財産に関わるスパイ行為取締りのため中国人留学生への対応厳格化を検討【米メディア】』を参照。


過去の記事
1 ... 24 25 26 . 40 50 60 . 71

「トランプ政権を追う」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組