JCCテレビすべて
特集 トランプ政権を追う
2019年07月24日(水)
最新TV速報
【トランプ政権を追う】
【速報】トランプ大統領と金委員長・パンムンジョムで面会(6月30日)
トランプ大統領はパンムンジョムで金正恩委員長と面会。トランプ大統領は軍事境界線を越え、初めて北朝鮮の地を踏んだ米国大統領となった。


南北非武装地帯できょう・トランプ大統領とキム委員長・面会実現か(6月30日)
米国・トランプ大統領は、韓国・文在寅大統領と首脳会談に臨んでいる。トランプ大統領は「金委員長と面会する可能性がある」と述べた。文大統領も両首脳の面会の実現に期待を示した。


G20焦点の米中首脳会談・協議再開で合意・米国制裁関税も見送り(6月29日)
G20大阪サミットにあわせて米国・トランプ大統領と中国・習近平国家主席が首脳会談を行った。習主席は1979年の米中国交正常化への道を開いたピンポン外交に触れた上で対話を続ける重要性を強調した。

習主席は「争えばともに傷つくことであり、摩擦より協力の方がいい、対立より対話の方がいい」、トランプ大統領は「公正な貿易合意ができれば歴史的なこと。非常に生産的な会談になるだろう」と述べた。

両者は貿易協議を再開することで合意し、トランプ大統領は中国からのほぼ全ての輸入品を対象とする制裁関税第4弾を見送ることを決めた。...
全部読む


米国・トランプ大統領“日米安全保障条約に不満” (6月27日)
米国・トランプ大統領は26日、G20大阪サミットを前に米国・FOXビジネスネットワークの電話インタビューに応じ、日米安全保障条約は不公平だと不満を述べた。

「日本やインド、東南アジア諸国との2国間の協定で何を実現したいか」と問われたのに対し、「ほとんどの世界の国は米国から極めて大きな利益を得ている」と述べた。

また、インタビューの中で、明後日予定している中国・習近平国家主席との首脳会談について、“合意できなければ追加の関税を課すだろう”と述べ、中国からの輸入品3000億ドル分にまずは10%の関税を上乗せする可能性を示した。...
全部読む


トランプ大統領“ホルムズ海峡・自国の船・みずから守るべき”(6月25日)
米国・トランプ大統領はイランとの間で緊張が高まっているホルムズ海峡について、米国が他国のために報酬も得られないのに海峡を守る必要はないとして「自ら自国の船を守るべき。米国は世界最大のエネルギー産出国になったから米国がホルムズ海峡にいる必要性もない」との考えを示した。

トランプ大統領は米軍の海外展開についてこれまでにも軍事的、経済的に負担が大きいと主張し、他国の応分の負担を主張してきた。今回ツイッターでは自らの持論を展開したとみられ、今後米国の制作に影響するか注目される。



過去の記事
1 2 3 ... 10 20 30 ... 75

「トランプ政権を追う」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組