JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2017年04月25日(火)
最新TV速報
     
【風の流れ】
米墨国境を巡り緊張高まる(2月24日)

米国ABCによると、トランプ大統領の不法移民取り締まりに反対、賛成両派の間で緊張が高まっている。トランプ大統領はこれは国境での軍事行動だと述べた。 しかしケリー国土安全保障長官は全く違う言葉で語っている。ケリー国土安全保障長官は「移民の取り締まりで軍事力は行使していない」と述べた。 スパイサー報道官は大統領の軍事行動という言葉について説明を求められ、「大統領は形容詞として使った」とした。 ケリー国土安全保障長官はティラーソン国務長官とメキシコを訪れている。これに先立ちベラクルスでは国境の壁の模型に火がつけられた。 メキシコ人以外の不法移民の一部もメキシコに送還するというトランプ政権の計画に、メキシコは強い怒りを表明した。 トランプ政権の移民政策への懸念は、議員たちが開いた住民集会にも広がっている。アーカンソーでは共和党のコットン上院議員が少年から「メキシコ系の移民はアーカンソーでは重要ではないと言っているが本当か」と言った厳しい質問を受けた。 アリゾナの国境から80km程の町では、住民集会が開始される1時間半前からすでに数百人が列に並んでいるという。 米国現政権とメキシコからの移民との軋轢は、高いレベルにある。ケリー国土安全保障長官はトランプ大統領の発言を巡って、それを鎮静化することに躍起となっている。


戻る