JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2017年10月21日(土)
最新TV速報
     
【風の流れ】
米軍はグアムの基地からB1戦闘機を(7月31日)

北朝鮮が発射したとみられるICBM・大陸間弾道ミサイルの発射から3日。米国がけん制を見せている。
米国は最新が最新の迎撃ミサイル・THAADの迎撃実験を実施。今後、独自の制裁に踏み切るかが焦点。THAADは高度150キロまでのミサイルの迎撃が可能で今回が15回目の迎撃実験。防衛力を誇示する狙いがあるものとみられる。

3日前、北朝鮮が成功したとみられるICBM大陸間弾道ミサイルは、今月4日より射程が伸び、米国本土全域を射程に収めたとしている。
今月行われたのはロフテッド軌道という手法で発射され、前回の高度は2800キロ、今回の高度はさらに高くなり3700キロ。これを通常の高度で発射したとすると前回は5000キロ、今回は10000キロに達するとしている。

仮に1万キロ飛ぶとすると米国西海岸など米国本土の大都市も射程に入ることになる。北朝鮮は相次いで発射実験の成功を報道。昨日は外務省の報道官談話を発表した。「米国が軍事的圧力・制裁を行えば対抗措置も辞さない」という構えを示した。

米軍はグアムの基地からB1戦闘機を派し、韓国軍の戦闘機と合同演習を行った。また途中、九州周辺の空域では自衛隊のF2戦闘機とも合流。共同訓練も行ったという。

今後、米国がどう動くのか。トランプ大統領は29日、ツイッターで「中国には大変失望している」と強い不満をあらわにし、今後中国に対して何らかの措置をとる可能性を示唆した。今後、国連の決議などに反し、北朝鮮と取引を続けている中国企業に独自制裁に踏み切るかどうかが焦点。一方、安倍総理はきょうにもトランプ大統領と電話会談し情報の分析結果など意見を交わすことにしている。日米韓で緊密に連携し、国連安保理での議論や中国・ロシアへ働きかけを強化、確認したい考え。


戻る
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
アクセスランキング
注目番組