JCCテレビすべて
特集 時流
2017年04月26日(水)
最新TV速報
     
【時流】
G20財銀開催・米財務長官の発言が注目される(3月17日)

ドイツ南西部のバーデンバーデンで開かれる今回のG20・財務相中央銀行総裁会議は、米国・トランプ政権発足後、主要国の財務相と中央銀行総裁がそろい、世界経済の課題について意見を交わす初めての国際会議で、日本からは麻生副総理兼財務大臣と日銀・黒田総裁が出席する。 これまでG20は、世界経済の成長に向け「あらゆる形態の保護主義に対抗する」として自由貿易を進める方針で足並みをそろえてきた。 しかし、トランプ政権は米国国内の雇用が奪われるなどとして、輸入品への課税の強化を検討したり、WTO・世界貿易機関の判断に必ずしも従わないなどとする方針を示したりするなど保護主義的な姿勢を打ち出している。 このため、今回のG20で米国がどのような主張を展開するのかや、各国がこれまでどおりに自由貿易を進める方針で協調できるかが最大の焦点となる。 またG20に合わせて、麻生副総理兼財務大臣は、米国・ムニューシン財務長官と初めて会談する予定で、為替政策や来月中旬に行う方向で調整が進められている麻生副総理とペンス副大統領による日米の新たな経済対話についてどのような意見が交わされるかも注目される。 ここでは、トランプ政権の財務長官であるムニューシン氏がこのG20・財務相中央銀行総裁会議の場で、どのような発言をするか、そして中国とEU各国はそれにどう反応するかが注目される。


戻る