JCCテレビすべて
特集 時流
2017年01月21日(土)
最新TV速報
     
【時流】
反グローバリズムの動きは続く。止める手立ては?(1月1日)

反グローバリズムの波が世界でも勢いを増している。 これまで、グローバリズムが世界の理想を追求し、形成してきたが、その反動がここにきて厳しいものになってきた。 一番の原因は、欧州における難民問題にある。 中東や北アフリカから欧州に向けて、何百万人という人々が命からがら欧州に流入を始めていることが、大きな端緒となっている。 そこに従来から問題になっている移民問題が重なって、若年を中心とする失業問題をより複雑にしている。 更にイスラム過激思想に基づくテロの増加が拍車をかけている。 昨年の英国が、EUから離脱を決めたのも移民問題が大きいとされている。 今年は英国どころか、フランスの極右政党・国民戦線やドイツのAfD(ドイツのための選択肢)が躍進を続けている。 その上、米国でも「イスラム教徒は入国させない」と強硬な意見を持つトランプ氏が次期大統領に当選した。 トランプ氏は、メキシコとの国境にも壁を作ると公約する等、反グローバルな考えを前面に出している。 様々な問題が表面化をしているので、今年は「反グローバル化」の動きはとどまるところを知らない勢いで、広がって行くことになると覚悟をせざるを得ない。 しかし、その流れを止めなければ、世界に大きな衝突が起きることになる。 先ずは、シリアをはじめとする紛争を抑えることから始めるしかない。トランプ氏がプーチン氏の能力を認めるポイントはここにもあるのかも知れない。


戻る