JCCテレビすべて
特集 時流
2017年02月25日(土)
最新TV速報
     
【時流】
トランプ外交・台湾総統と電話会談(12月5日)

トランプ次期大統領がどんな方針で外交を行うのかが注目されているが、そんな中台湾の蔡英文総統と電話会談をしたと、政権移行チームと台湾総統府が発表した。 1979年以来のことで、中国はこの会談に強く反発した。 会談は10数分間行われたといわれ、米次期政権での米台関係を経済や台湾の防衛強化などの視点から議論したようだ。 蔡氏は台湾が国際的な課題の議論の場に参加できるよう支持を求めた。 政権移行チームは、両氏は米台間に緊密な経済や政治、加えて安全保障上の関係があることを確認したと発表した。 きっかけは、蔡氏がトランプ氏の大統領選勝利への祝意を伝える電話だった。 79年に米国は、中国との国交樹立に伴って台湾と断交して以来の直接会談であり、今回の直接電話会談はトランプ氏の外交方針を占うシグナルとして注目される。 当然、中国は「一つの中国の原則」を破る挑発だと強烈に反発した。 台湾と中国は、蔡総統になってから、この原則を巡って、ぎくしゃくしている。 米国政府は、台湾と断交状態であるが、一方で79年に台湾関係法を制定し、台湾に兵器も供給し、安全保障に関与してきた経緯がある。 トランプ次期政権が、中国とどう向き合うか、日本や世界が注目している。はからずも今回の両氏による直接会談は、大きなインパクトを与えたと言える。


戻る