JCCテレビすべて
特集 江戸川シーズンズ
2019年08月19日(月)
最新TV速報
【江戸川シーズンズ】
秋桜に癒しを求め昭和記念公園に行く(その173)

10月7日、朝9時50分、JR市川発の総武線に乗り、お茶の水で中央線に乗り換えて、西立川にある「昭和記念公園」に行った。
お目当ては、今盛りと咲く、秋桜であった。

ゲートをくぐり早速、電車ともバスともつかない乗り物に乗って「花の丘」駅まで行った。
そこで下車し、少し歩くと薄いピンクの花が咲く、広大な秋桜畑に出た。

しかし、残念ながらピンクの秋桜がびっちり咲き誇る光景にはお目にかかれなかった。
毎週やってくる大型台風に、痛めつけられた秋桜のぐったりした姿が、そこにはあった。


それでも、秋桜畑全体では、薄いピンクの花が、健気にも咲いていた。
一つ一つのコスモスよりも、畑全体を表現するには、動画を撮りながら、歩き続ける方が良いと思い、早速道順を想定し、障害物を頭に入れながら、スマホで長尺撮影を敢行した。



後で、撮影時間を見ると、5分51秒にもなっていて、この丘状の畑の大きさに驚いた。それでも映像に弛みが出ないように途中で、撮影を止めたほどであった。
写真でも、撮ってみた。その日の真っ青な空と白い雲を背景に咲き、揺らぐコスモスの花は、「初秋の贈り物」を感じさせた。

薄い花弁のコスモスは、赤にしても、白にしても、心を和ませてくれる優しさを感じさせた。
そして、その茎が風に揺られて、左右に動くシーンは、いつも安らぎを与えてくる。



花の丘からこもれびの丘に歩いてゆくと、ススキや茶色の小枝が姿を現し、秋の気配を感じさせた。

そこから引きっ返して、「キハダ秋桜」が群生する「原っぱ東花畑」へと向かった。そこには真っ黄色のキハダコスモス畑が平らな地形に広がっていた。


ここでも、動画を主体に歩きながら、その美しさをスマホに収めた。



帰りがけに、道端に咲く名も知らない、緑の茎に赤紫の鮮やかな草木に足を止めた。

その日は、半袖のTシャツに、汗が滲むほどの初秋にしては気温の高い1日であった。











戻る
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組