JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる話題
2021年01月21日(木)
最新TV速報
【気になる話題】
コロナ禍] (482件/週)




01/20 23:39 TBSテレビ 【NEWS23】
キャンプインまであと1か月と迫ったメジャーリーグ。
ダルビッシュ有がパドレスへ移籍し、菅野智之は交渉が折り合わず巨人残留。
去就が注目されるのがヤンキースからFAとなった田中将大。
田中はヤンキースをFAとなってから約2か月半、今も所属先は決まっていない。
コロナ禍で金銭的に苦しい球団もあり移籍市場は停滞気味。
メジャーか日本復帰か、様々な憶測が飛び交う中、米国メディアに緊急取材。
7年間で78勝をあげた田中。
12年ぶりの世界一を目指す名門にとって必要な選手だが、ヤンキースが考えている戦力の補強費は残り約6億円で交渉が難航しているという。
移籍先として噂されていたチームは補強を終え、獲得に動く球団も多くはないという。
メジャー球団との交渉が難航した場合、日本球界復帰も。
MLB公式サイトもその可能性を伝えている。
メジャーのキャンプインは来月中旬。
あと1か月で決着となるのか。
ダルビッシュ有、菅野智之、田中将大、MLB公式HPの映像。
スウィーニーマーティ記者、石井一久GM兼監督、ロサンゼルスタイムズ・ディランヘルナンデス記者のコメント。

01/20 22:13 NHK総合・東京 【クローズアップ現代+】
コロナ禍が居酒屋にもたらした衝撃は大きく4つ:感染への警戒感、インバウンドの消滅、テレワークの普及、営業時短要請。
要請に応じれば1店舗当たり1日6万円の協力金を支給するということが当初、東京都は大手居酒屋チェーンのような大企業には出さないという方針だったが、結局、大企業にも支給することになった。
居酒屋だけでなく、関連の業界にも影響は大きい。
コロナ禍の中で7割発注が減り、産地では悲鳴を上げている。
居酒屋の休業、廃業が続いていくと地方の地場産業にまで裾野が広がる居酒屋生態系そのものが危うくなってしまうのではないか。
1月、もしくは2月の売り上げが前年同月比で半分以上減った納入業者に対しては最大で40万円の一時金を出そうという方向で今、調整が進んでいる。
作家・石井光太「6万円というのは単に1か月間乗り越えるというためのお金ではなく、コロナの後も店の常連客と空気をきちんと維持するために使うものだと思っている」。
居酒屋チェーン、英語、全国、カープに言及。
タレント・麻木久仁子のコメント。

01/20 22:09 NHK総合・東京 【クローズアップ現代+】
別の居酒屋チェーンでも全く新しい業態で再出発を図る動きがあった。
去年オープンしたキッチンクラウドはテイクアウトとデリバリーに特化した店。
テレワークや外出自粛で家に籠もるようになったファミリー層を狙っている。
塚田農場を運営する大手居酒屋チェーンがコロナ禍を機に決断した業態転換。
エーピーホールディングス社長・米山久は背水の陣をしいてこの新たな事業にかけていた。
港区にあった本社を手放し、去年閉店した店舗に事務所を移転。
経費をぎりぎりまで切り詰め、捻出した資金を新たな業態の立ち上げにつぎ込んだ。
自身の役員報酬を返上。
これが最後のチャンスという覚悟で復活を目指していた。
苦闘のさなかに出されたのが2度目の緊急事態宣言。
居酒屋業界からは悲鳴が上がった。
ワタミ会長・渡邉美樹は急きょ記者会見を開いた。
休業や時短営業によって1か月で5億円から6億円の赤字になると試算している。
菅首相のコメント。
横浜市港北区の映像。

01/20 22:05 NHK総合・東京 【クローズアップ現代+】
日本で居酒屋チェーンが隆盛を誇ったのはバブル景気に沸いた1980年代。
原動力となったのは冷凍食材の大量仕入れと学生アルバイトや主婦のパートを活用した低価格路線の追求だった。
利便性のよい立地に幅広い品ぞろえと驚くような安さでサラリーマンのみならず学生たちまで押し寄せるようになり一気に流行。
ワタミも全国に約600店舗を展開し、年間930億円を売り上げる急成長を実現した(2007年)。
リーマンショック以降は経済の停滞に端を発した苦難の連続に直面する。
消費が落ち込む中限界ぎりぎりの低価格競争が勃発。
慢性的な人手不足によって労働問題が起きるなどビジネスモデルの課題があらわになっていった。
居酒屋チェーンの苦境に追い打ちをかけたのが今回のコロナショック。
ワタミは去年1年間で113もの店舗を閉店する事態に陥った。
去年10月、ワタミの創業者・渡邉美樹は大きな方針転換に踏み切った。
全国に展開する居酒屋の3割にあたる120店舗を焼き肉店に転換。
大胆な路線変更を決めた背景には何があるのか。
業態転換からひと月後、焼き肉店の売り上げは居酒屋のときと比べ、3倍に伸びたという。
大規模な業態転換を行うことでコロナ禍で変わりゆく消費者のニーズをつかもうと考えていた。
東京・大田区、新宿・歌舞伎町の映像。
画像提供:米国国立アレルギー感染症研究所。

01/20 22:00 NHK総合・東京 【クローズアップ現代+】
居酒屋でのひとときがこの先、失われるかもしれない。
2度目となる緊急事態宣言の初日居酒屋の店主たちは絶望の言葉を漏らしていた。
居酒屋業界をリードし続けてきたワタミ会長・渡邉美樹もこれまでにない危機に追い詰められている。
居酒屋を経営する業者の倒産件数は去年、過去最多を記録。
稼ぎ時の夜に営業ができず、飲食店の中でも最も大きな打撃を受けている。
全国展開のチェーンもコロナ禍で居酒屋の事業を縮小。
多くの店舗を焼き肉店に替える業態の大転換を迫られることになった。
居酒屋で働く人々の中には仕事を失い、生活の危機に瀕する人が増えている。
居酒屋の苦境は商品を納入する関連業者、食材を提供する地方の地場産業にまで大きなダメージを与えるのではないかと懸念されている。
居酒屋チェーン店長、閉店した居酒屋の元アルバイトのコメント。

01/20 21:45 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
コロナ禍での本社売却。
こうした動きはほかにも広がるのか。
大手広告会社・電通グループは、東京・港区にある本社ビルの売却を検討していることを明らかにした。
帳簿上の価格は1800億円余だが、売却価格はこれを上回る水準になると見られる。
本社ビルにはグループの社員約9000人が勤務しているが、テレワークの導入でこのところの出社率は2割以下。
ただ売却後も本社ビルを借りる方針で、本社の移転は考えていないとしている。
電通は2年連続で最終赤字となる見通しで、売却で得られた資金を事業構造改革などに充てるねらいもある。
企業による不動産の売却は、新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した、大手音楽会社のエイベックスが、東京・南青山にある本社ビルの売却を決めている。

01/20 21:19 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
小規模な病院を中心に慢性疾患などの長期療養に重きを置いてきた日本の医療。
新型コロナとの闘いでは、それが裏目に出たと専門家は指摘。
中央大学・真野俊樹教授は「病床の機能分化、役割分担が弱かった。
世界の標準に合わないので、役割分担、機能分化をこれからしていこうといっていたところにコロナ禍が起きた」と述べた。
民間病院の病床を確保するためには「行政などが主導して、役割分担を定めていくことが必要」という。
長野・松本市は公立病院、民間の病院関係なく医療機関ごとに一般治療だけ、新型ウイルス患者のみと医師会や市が主導して、その役割を定めている。
地域全体で役割分担する仕組み作りが、広く検討されるべきではないか。

01/20 20:47 BS-TBS 【報道1930】
質問「日本国内でもトランプ支持者のデモが行われ、人事ではない。
大統領選挙あるいはこの4年間から日本に生かせる教訓、知恵は」。
慶應義塾大学教授・中山俊宏、明海大学教授・小谷哲男のスタジオコメント。
トランプ大統領、オバマ政権、中国、選挙、ソーシャルメディア、ツイッター、河野行政改革担当大臣、米国、Qアノン、Jアノン、SNSについて言及あり。
曲・クリヤマコト「Deep Insight~報道1930のテーマ~」。
次回予告:「平和的政権移行」は…、米国、最悪コロナ禍と分断とトランプの“影”。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組