JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる話題
2020年06月01日(月)
最新TV速報
【気になる話題】
コロナ禍] (116件/週)

06/01 06:42 テレビ東京 【Newsモーニング・サテライト】
緊急事態宣言解除後の社長100人アンケートで、7割がサプライチェーン(供給網)を見直すと回答。
サプライチェーンの見直しの手法としては「危機発生に対応し柔軟に調達先を変更できるようにする」との回答が65.3%に達した。
また、「特定国への集中を見直し分散化を進める」は57.1%。
テレワークを継続する企業は90.9%に上り、対象は全従業員の5割が最も多く39.1%。
コロナ禍はデジタル化を進めるきっかけにもなったが、今後のデジタル化投資については63.6%が「増やす」と回答。

06/01 05:37 フジテレビ 【めざましテレビ】
6月19日の開幕へ向け各球団が紅白戦を行った。
そんななか公式戦の前哨戦としてパリーグのオンラインゲームでのチャリティーマッチが先に開幕。
楽天・則本昴大とソフトバンク・岩寄翔が対戦した。
ソフトバンク3-0楽天。
則本は「開幕は選手はもちろんファンも待ち望んでいた日ではあるので、そこに向けて全力で今まで我慢してきたことをぶつけてやれたらいいかなと思う」とコメント。
ジャイアンツは約2カ月ぶりに東京ドームでの紅白戦を行った。
#パーソナルチャリティマッチパ~コロナ禍でじゃらたく医療従事者へ寄付~(パーソナルパリーグTV)の映像。

06/01 05:15 フジテレビ 【めざましテレビ全部見せ】
コロナ禍でアピールの機会を失ったサッカー部の高校3年生、大学4年生を対象に合同トライアウトが開催されることになった。
トライアウトにはJリーグ、JFL、社会人、大学などのスカウトも参加する。

06/01 02:50 テレビ東京 【Mixalive presents 田村淳が豊島区池袋】
収録から約3週間。
KitchHikeが池袋の特別応援ページを制作。
クラスターにバーチャル池袋が誕生。
西武、東武、サンシャイン、コロナ、緊急事態宣言、リアル、バーチャル、URLに言及。

06/01 02:41 テレビ東京 【Mixalive presents 田村淳が豊島区池袋】
田村淳、相内優香、大浜平太郎、クラスター・加藤直人代表取締役、マクアケ・中山亮太郎代表取締役社長、ビビッドガーデン・秋元里奈代表取締役社長、キッチハイク・山本雅也共同代表/COOがリモート出演。
田村淳が池袋のバーチャル空間をclusterで創ることを提案。
クラウドファンディング、オンライン、オフライン、バーチャル、西武、東武、サンシャイン、茨城、群馬、コロナに言及。

06/01 02:31 テレビ東京 【Mixalive presents 田村淳が豊島区池袋】
田村淳、相内優香、大浜平太郎がリモート出演。
マクアケ・中山亮太郎代表取締役社長がclusterの誕生秘話を紹介。
clusterは、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って交流ができるバーチャルSNS。
クラスター上でできることをそれぞれが提案。
Makuakeは新しいものや体験の応援購入サービス。
クラスター・加藤直人代表取締役、オンライン直売所・食べチョクを運営するビビッドガーデン・秋元里奈代表取締役社長、グルメアプリ・キッチハイク・山本雅也共同代表/COOのコメント。
自粛要請、YouTube、コミケ、ツイッター、コロナ、アバター、アニメオタク、コンテンツに言及。
zoomの映像。

05/31 21:39 BS-TBS 【サンデーニュース Bizスクエア】
アイリスオーヤマは、中国を中心に世界でモノ作りを行っている。
アイリスオーヤマ・大山晃弘社長は、サプライチェーンの再構築について「1つの国に集中していることが問題。
できるだけ地産地消、消費地に近いところでのモノ作りが今後のトレンドになるのでは」、ビジネスの核心“値ごろ感”を保つには?「物流費、運賃面でのメリットが出るので相殺できるのではないか」、コロナ禍のビジネスについて「消費行動が大きく変わって、ネット通販で買い物するようになった。
巣ごもり消費、家で過ごすために必要なものが非常によく売れている」「まずは食品から(需要が)爆発したが、そこから調理家電や調理器具、フライパンや炊飯器が爆発的に売れるようになった。
あらにテレワーク需要でパソコンの周辺機器やパソコンデスク、クーラーと言った空調用品が非常に売れるよになった」と述べた。
中国・大連・アイリスオーヤマのマスク工場の映像。
米国・自国主義、ヨーロッパについて言及。

05/31 16:22 テレビ東京 【特命!池上ベンチャーズ~新型コロナと闘うベンチャーズ~】
お祝いの胡蝶蘭に囲まれているのはフォースタートアップス。
2016年ベンチャーブームにのって創業。
この日、創業からわずか3年半で東証マザーズに上場を果たした。
しかし初値は売り出した価格を下回るものだった。
実はこの日、株式市場では大変な事態が起きた。
新型コロナの影響拡大を受け、日経平均株価の下げ幅は一時1800円を超えた。
取引時間中としては30年ぶりの大暴落。
そんな中、何やら浮かない表情の人物が、この日上場したフォースタートアップスの志水社長。
初値が振るわなかったことに加え、新型コロナ対策で東京証券取引所での上場セレモニーまで中止になった。
それでも会社に戻ると社員たちが拍手で出迎えてくれた。
あれから約2か月、社員は在宅勤務のため、社内には志水1人だけ。
コロナ禍の大変な時期に船出したフォースタートアップス。
志水がロッカーから取り出したのは、上場したときにもらった記念の盾。
ちなみにコロナの影響で4月に東京証券取引所に上場を予定していた企業は15社あったが、14社が上場を中止した。
フォースタートアップス・東京・港区、岩井コスモ証券の映像。
フォースタートアップス・志水雄一郎、鈴木ちなみのコメント。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組