JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる話題
2021年12月02日(木)
最新TV速報
【気になる話題】
コロナ禍] (362件/週)




12/02 16:00 フジテレビ 【イット!】
クリスマスまであと20日あまり。
この季節に欠かせない真っ赤なポインセチアが値上げをしなければならない状況になっている。
埼玉・入間市にあるポインセチア農家の篠園芸から中継で伝える。
ポインセチアは別名「クリスマスフラワー」とも呼ばれている。
ポインセチアは温度を15℃に保つことが必要。
重油、灯油を使うが、原油価格高騰のため50円値上げせざるを得なくなった。
ただ、ポインセチアの認知度と需要は増している。
売り上げは例年と同じくらいまで戻ってきているという。
東京・丸の内の映像。
コロナ禍に言及。
(中継)埼玉・入間市。

12/02 15:26 日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
兵庫・姫路市「尾上製作所」では、昭和の時代に多くの家庭で活躍した「トタン湯たんぽ」(カバー付き)を製造。
尾上製作所・名城嗣明社長は「コロナ禍で屋外でキャンプする人が増えているので…」と話す。
防寒グッズとして冬キャンプに大人気。

12/02 14:03 日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
ことし見送られた1月2日の皇居での新年一般参賀について、宮内庁は来年もコロナ感染拡大の観点から実施を見送ると発表。
一方、20歳の誕生日を迎えた天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは、きのう宮内庁長官や職員から祝賀を受けられた。
当初出席予定だった皇后雅子さまは、体調が整わず欠席された。
皇室ジャーナリスト・近重幸哉(「女性自身」皇室担当記者、長年にわたり皇室を取材)が、スタジオで今後の皇室の予定について解説。
皇后さまの体調について、陛下は2月の誕生日会見で「いまだ回復途上で体調には波がある」と述べられた。
愛子さまの成年のお祝い行事は、5日に行う。
本来行う誕生日前の記者会見は、大学の春休みに当たる来年3月に実施予定。
愛子さまはコロナ禍を考慮し、新しいティアラは作らず、叔母・黒田清子さんから借りて成年行事に臨まれる。
元宮内庁職員・山下晋司によると、ティアラは公務を行う上で必要不可欠なもの。
眞子さんのティアラは「和光」、佳子さまのティアラは「ミキモト」が製作。
愛子さまは文書で、成年皇族としての誓いについて綴られた。
新年一般参賀見送りに伴い、両陛下がビデオメッセージで新年の挨拶を述べられるか検討中。
来年の新年祝賀の儀は、規模を縮小。
愛子さまが初めて出席される予定で、初公務になる見通し。
今月の主な宮中祭祀は、賢所御神楽、大正天皇例祭、大祓。
(中継)東京・ミヤネ屋・汐留St。
フリーキャスター・伊藤聡子(事業創造大学院大学(新潟)客員教授)は「両陛下は、国民に寄り添うことを貫かれている。
愛子さまもそれに従われたのでは」、国際弁護士・清原博(ニューヨーク州・カリフォルニア州の弁護士資格を持つ)は「海外からは皇室は特別視されている」とスタジオコメント。
総理に言及。

12/02 12:38 NHK総合・東京 【サラメシ シーズン11】
おべんとうが語る食べ主たちの十人十色の物語「おべんとうのはなし」。
作るのは榎本裕子(好きな有名人:坂本龍馬)、食べ主は夫の榎本和雄(好きな有名人:土方歳三)。
お弁当の中身は、裕子の故郷、福島県会津から送ってもらった姫竹を使った煮物、和雄が夏に育てたピーマンとレンコンの塩こしょう炒め、牛肉のすき焼き風、ネギ入り卵焼き、十五穀米と自家製の梅干し。
お弁当箱は裕子がフルタイムで勤務していたときに使っていた保温性のあるピンクのジャーポット。
都内の区役所に30年勤めた和雄は、早期退職後、旅行に行ったり趣味の時間を過ごしたりと充実していたが、コロナ禍でどこも行けなくなり、地元の市役所に再就職。
区役所時代から和雄はお弁当派で、今回10年ぶりの愛妻弁当を持って笑顔で出勤。
ナレーション・中井貴一。
あずまや、ソーシャルディスタンス、ビジネスバッグに言及。

12/02 11:58 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
山梨県の中央道笹子トンネルで天井板が崩落し、9人が犠牲となった事故からきょうで9年。
遺族は悔しさは増すばかりと現在の心境を述べた。
追悼慰霊式はコロナ禍で規模を縮小、遺族ら20人以上が出席した。
NEXCO中日本・宮池克人社長は「安全を最優先する意識と行動を徹底する」と述べた。
山梨・大月市の映像。

12/02 11:10 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
サイバー攻撃で病院が狙われるケースが増えている。
英国のコンピューターセキュリティー会社が行った調査によると世界328の医療機関のうち去年、ランサムウェア攻撃を受けたと答えた医療機関は34%。
医療機関は身代金を支払う可能性が最も高い業界の1つだと指摘。
群馬大学医学部付属病院・鳥飼幸太准教授は犯罪者側が人の命を預かる医療機関はシステムが停止すると大変なため、身代金の支払いを拒みにくいと踏んでいる可能性があると指摘。
なぜ、つるぎ町立半田病院(徳島・つるぎ町)はサイバー攻撃の標的となったのか。
身代金の支払い能力を考えると犯罪者があえて地方の病院を狙った可能性は低く、ほかの病院と間違えた可能性があるといい、アジア圏にはほかにも「ハンダ」という名前がつく病院がある。
カンボジアにハンダメディカルセンターという病院があり、カンボジア北西部の主要病院だという。
コロナ禍で病院側のシステムの重要性は高まっている。
コロナ禍で医者と患者が極力対面しないことの重要性が増したため、オンライン診療や入院患者をリモートで観察するシステムの構築など病院のシステムをインターネット上につなぐ必要性が急速に高まっているとし、結果的に病院がサイバー攻撃の危険にさらされている。
半田病院は会見で同じ電子カルテシステムを再び導入するとしていて、新しいシステムを導入しなかった理由の1つに挙げたのが半導体の問題。
コロナ禍で半導体が不足し、新しいコンピューターを導入する場合、半年以上の時間を要する。
サイバー攻撃を受けた電子カルテのシステムはウイルスを除去し、セキュリティーを高めたうえで再稼働を目指す方針だが、約2億円の費用がかかる。
患者側にできる対策としてはお薬手帳を持つこと。
プロデューサー・慶応大学特任准教授・若新雄純、メンタルトレーニング指導士・田中ウルヴェ京、ジャーナリスト・東海大学教授・末延吉正のスタジオコメント。
マイナンバーカードに言及。

12/02 10:47 TBSテレビ 【ひるおび!】
京都にある100年以上続く老舗ベーカリー「進々堂」で業務用冷凍パンの賞味期限を偽装していた。
最大2か月延ばして販売。
業務用冷凍パン4種類100パックなどを偽装したがこれまでに健康被害などは確認されていない。
今年2月、営業・製造の社員2人が、本社工場で数度にわたり、新しい賞味期限を印字した包装に入れ直すことを実行していた。
進々堂によると3月に内部告発で発覚し、10月に社員2人を処分し、先月保健所に報告した。
社内調査に対して偽装した社員は「コロナ禍で発注が少なく在庫を抱えていた」と説明した。
進々堂本社工場の写真(写真:朝日新聞社)。
進々堂HPより。
中川翔子、立川志らくのスタジオコメント。

12/02 10:18 テレビ東京 【なないろ日和!】
きょうの特集は「ヒートショックを防ぎたい、どうする?」。
医学博士・東京都市大学人間科学部学部長・早坂信哉教授に教えてもらう。
ヒートショック対策を紹介する。
いきなり湯船から上がると血圧が大きく変動するため対策が必要。
浴槽から上がる前には手に冷たい水をかける。
ゆっくりと立ち上がり、浴室内で体を拭くことも血圧を大きく変動させないためのポイント。
お風呂以外にも気をつけたいのは廊下。
スリッパを履いたり、上着を羽織るのも大事。
暖房器具をうまく活用し、家の寒暖差をなくすことが大切。
コロナ禍での注意ポイントは換気。
換気で部屋の温度が急激に下がり、血圧が急上昇してしまう恐れがある。
2段階換気について説明。
リンナイが実施した「入浴温度の高い都道府県ランキング」を紹介。
1位は鳥取県で41.6℃、2位は奈良県で41.5℃、3位は京都府と島根県で41.4℃。
長風呂は脱水症状や熱中症になる恐れがあり危険。
「入浴時間の長い都道府県ランキング」を紹介。
1位は茨城県で21.1分、2位は岩手県で20.0分、3位は長野県で19.7分。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組