JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる話題
2021年06月25日(金)
最新TV速報
【気になる話題】
新型コロナウイルス] (636件/週)




06/24 23:17 NHK総合・東京 【ニュース・気象情報】
インドで確認された新型コロナウイルスの変異ウイルスの国内での感染力は従来のウイルスの1.95倍と推定されるという分析結果を京都大学・西浦博教授らがまとめた。
この分析は北海道大学・伊藤公人教授と京都大学・西浦教授らのグループが行ったもので、きのう開かれた厚生労働省の専門家会議で示した。
グループが新型コロナウイルスの国際的なデータベースと東京でのPCR検査の分析結果を使って分析した結果、インドで確認された変異ウイルスのデルタ株の国内での感染力は1人が何人に感染を広げるかを示す実効再生産数で見ると従来のウイルスと比べて1.95倍になっていると推定された。
これまでのデータから試算するとこの変異ウイルスは来月12日ごろには全体の半数を超え、東京オリンピックが開幕する来月23日時点で全体の68.9パーセントになると予測される。
西浦教授は緊急事態宣言の解除に加えてデルタ株の影響も考えると感染の拡大が懸念されるとコメントしている。
画像提供:国立感染症研究所。

06/24 23:17 日本テレビ 【news zero】
宮内庁・西村長官が「天皇陛下は現下の新型コロナウイルスの感染状況を大変心配されている。
国民の間に不安の声がある中でオリンピックパラリンピックの開催が感染拡大につながらないか懸念されていると拝察する」と発言。
天皇陛下は東京オリンピックパラリンピックの名誉総裁を務められる。
開会式では陛下が開会を宣言されることが調整されている。
宮内庁長官は“私の拝察”と言っているが政界では陛下の意をくまずにあんなことを言うわけはないという見方が広がっている。
政府としては今回の発言は感染防止対策を徹底してほしいということで、これまでの政府方針に沿ったものだと努めて冷静に受け止めている。
また、このタイミングで宮内庁長官が陛下が心配されていると発言したことについてある与党幹部は「踏み込みすぎだ。
この件は政治に任せてくれないと。
もし、これで中止となったら天皇陛下が政治に介入したことになる」と指摘。
それだけに、ある自民党幹部は「これでなおさらオリンピックをやめるわけにはいかなくなった。
感染対策に気を付けて万全の状態でオリンピックを開催するしかない」と話している。
元ラグビー日本代表キャプテン・廣瀬俊朗のスタジオコメント。
官房長官に言及。

06/24 23:15 NHK総合・東京 【ニュース・気象情報】
宮内庁の・西村長官は来月開幕するオリンピックについて天皇陛下が現在の新型コロナウイルスの感染状況を大変心配されている、国民の間で不安の声があるなかでご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピックパラリンピックの開催が感染拡大につながらないかご懸念されているとして関係機関が連携して感染防止に万全を期してもらいたいとする考えを示した。
天皇陛下は3日前、日本学士院賞の授賞式で「この試練を乗り越えるためには国内外を問わず、なおいっそう心を一つにして協力していくことが大切」と述べられていた。
新年のビデオメッセージや2月の誕生日を前にした記者会見でもコロナ禍に直面する人々への思いなどを述べられてきた。
天皇陛下は東京オリンピックパラリンピックに名誉総裁に就任していて、それぞれの開会式に出席して開会宣言をされる方向で調整が進められている。
加藤官房長官のコメント。

06/24 23:10 日本テレビ 【news zero】
東京オリンピックまで1か月を切る中、宮内庁・西村長官が「天皇陛下は現下の新型コロナウイルスの感染状況を大変心配されている。
国民の間に不安の声がある中でオリンピックパラリンピックの開催が感染拡大につながらないか懸念されていると拝察する」と発言。
加藤官房長官はあくまでも西村宮内庁長官自身の考えであるとの認識を示した。
新型コロナの影響をいつも心配されていたという天皇陛下。
新年ビデオメッセージや誕生日会見、3日前にも言及されていた。
一昨日には菅総理と直接面会。
東京大会の感染対策などについて説明を受けられたとみられる。
こうした中でのきょうの長官発言。
西村長官は陛下が名誉総裁をお務めになるオリンピックパラリンピックで感染が拡大するような事態にならないよう関係機関が連携して感染防止に万全を期していただきたいと強調した。
今回の発言に組織委員会の武藤事務総長は「安全安心な大会を開催することが責務。
その実現に向けて最善を尽くしたい」との見解を示している。
東京・新橋の映像。
日本テレビ宮内庁担当・笛吹雅子解説委員のコメント。

06/24 23:02 TBSテレビ 【NEWS23】
東京で感染再拡大の予兆が新型コロナウイルスについて。
日常を取り戻したかのように街を行き交う若者たち。
緊急事態宣言が解除されて4日。
一息入れたのもつかの間、早くも不穏な空気となってきた。
東京都が今日新たに発表した感染者は570人。
感染者数を前の週の同じ曜日と比べると、今月上旬は減少が続いていたが、先週に入り増加に転じ今週は5日間連続で上回ってる。
都のモニタリング会議では危機感が示された。
感染者増加の原因について、会議で挙がったのが2つの理由。
1つ目が、人流の増加。
東京都医学総合研究所の西田淳志センター長は、繁華街での滞留人口が前回の宣言前の水準にかなり近い状況になっていると説明した。
そして、感染増加の2つ目の理由がデルタ株。
デルタ株とは、いわゆるインド型変異ウイルスのこと。
東京では既に142例が確認されていて、これまでの英国型から置きかわりつつある。
東京・渋谷の映像。
くれおーる・大野克司、国立国際医療研究センター・大曲貴夫医師、東京ICDC専門家ポート・賀来満夫座長のコメント。

06/24 22:42 テレビ朝日 【報道ステーション】
宮内庁の西村泰彦長官は今日の定例の記者会見で「天皇陛下が新型コロナウイルスの感染状況を大変心配されている」と話したうえで、「オリンピックの開催が感染拡大につながらないか懸念されていると拝察している」などと発言した。
そのうえで長官の感想として「組織委員会をはじめ関係機関が連携して感染防止に万全を期していただきたい」と述べた。
加藤官房長官のコメント。

06/24 22:41 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
宮内庁・西村長官は、きょうの記者会見で「天皇陛下は東京オリンピックパラリンピックの開催が新型コロナウイルスの感染拡大につながらないか懸念されていると拝察している」と述べた。
西村長官によると、陛下は国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになる大会が感染拡大につながらないか心配されているという。
また、西村長官は「組織委員会などが連携して感染防止に万全を期していただきたい」と述べた。
この発言に対し、加藤官房長官は「宮内庁長官自身の考え方を述べたと承知している」として着実に進めていきたいと強調した。
総理官邸の映像。

06/24 22:34 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
新規感染者1676人、回復者1959人、死亡者42人、重症者-17人、ワクチン接種74万8425回。
ワクチン接種について政府は高齢者で1回目の接種を受けた人が対象の半分を超えたと発表した。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組