JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる話題
2019年03月25日(月)
最新TV速報
【気になる話題】
日韓関係] (23件/週)

03/24 20:51 BS朝日 【BS朝日 日曜スクープ】
物別れ米朝首脳会談から約1か月…米朝再び緊張へ、“仲介役”韓国・文在寅大統領もピンチか。
対日強硬政策:「戦犯企業ステッカー」「元徴用工判決」「元慰安婦訴訟開始」。
元慰安婦が日本政府を相手に3億円の賠償を求めた訴訟の審理が開始される。
上智大学教授・前嶋和弘が「日米韓が同一歩調で北朝鮮の話を進めるのは難しい状況」、元駐韓大使・武藤正敏が「日米が今まで以上に緊密に連携するしかない」などスタジオコメント。
非核化、日韓、与党、裁判官弾劾、米国・アーミテージ、トランプ政権について言及あり。

03/24 20:46 BS朝日 【BS朝日 日曜スクープ】
物別れ米朝首脳会談から約1か月…米朝再び緊張へ、“仲介役”韓国・文在寅大統領もピンチか。
北朝鮮・金正恩委員長の執事とも呼ばれるキムチャンソン国務委員会部長がロシアを訪問。
元駐韓大使・武藤正敏が「北朝鮮の貿易の9割は中国。
地政学をどう読んでいるのか」、上智大学教授・前嶋和弘が「米国ではロシア疑惑のモラーレポートを司法省に出したばかり。
いい外交ではない」とスタジオコメント。
ベトナム、中国・習近平国家主席、米中貿易会談、日韓関係について言及あり。
米国・トランプ大統領の映像。

03/24 19:32 BS朝日 【BS朝日 日曜スクープ】
元徴用工問題の現状:2月15日、原告側弁護団が新日鉄住金の韓国内の資産売却手続き開始を宣言。
3月17日、原告側弁護団が三菱重工の韓国内の資産差押え手続きを開始。
自由民主党政調会長・岸田文雄が「日本と韓国の間の請求権の問題は日韓請求権協定において最終的に解決したということで合意に至っている。
徴用工問題も解決したものの中に含まれる。
日本企業に不利益が生じることになったら日本政府として黙っているわけにいかない」などスタジオコメント。
慰安婦問題、賠償、経済制裁、国際司法裁判所について言及あり。

03/24 19:28 BS朝日 【BS朝日 日曜スクープ】
2015年日韓慰安婦合意:日本政府は責任を痛感。
安倍総理大臣は心からのおわびと反省の気持ちを表明。
大使館前の少女像は韓国政府が適切な解決に努力。
日本政府が10億円の資金を拠出し韓国政府が慰安婦支援の財団を設立。
最終的かつ不可逆的な解決を確認。
自由民主党政調会長・岸田文雄が「両国の外相がテレビカメラの前に立ち、自らの言葉で世界に向けて宣言した。
日本は合意の中身を全て実行した。
韓国にも実行してもらうべく働きかけ続けなければいけない」などスタジオコメント。
韓国・尹炳世元外相の映像。

03/24 19:25 BS朝日 【BS朝日 日曜スクープ】
日韓関係:2018年10月、元徴用工訴訟で大法院判決、12月、韓国軍によるレーダー照射問題、2019年1月、慰安婦財団の法人認可取り消し、2月、文喜相議長が天皇陛下に謝罪を求める発言。
自由民主党政調会長・岸田文雄が「竹島上陸問題など様々な動きがある。
韓国側は感情的な対応がみられる。
説明や主張がコロコロ変わる事態も見ることができる。
未来志向で物事を考える姿勢が見られない。
来年は韓国総選挙も予定されている。
経済は厳しい。
日本に対する厳しい対応はしばらく続くのではないか」、早稲田大学大学院教授・片山善博が「日韓関係はいいときは長くない」などスタジオコメント。
自治省、総務省、須之部量三元外務事務次官について言及あり。
韓国・文在寅大統領の映像。

03/24 19:17 BS朝日 【BS朝日 日曜スクープ】
自由民主党政調会長・岸田文雄のプロフィール:1982年、早稲田大学法学部卒業、日本長期信用銀行入社。
1987年、父・岸田文武の議員秘書となる。
1993年第40回総選挙にて衆議院議員初当選(当選9回)。
2007年、内閣府特命担当大臣(第1次安倍改造内閣)。
2012年、宏池会会長、外務大臣(第2次安倍内閣)。
2017年、憲政史上初めて外務大臣、防衛大臣を兼任、自民党政調会長。
ポスト安倍の有力候補として名前が挙がる。
「“物別れ”米朝首脳会談をうけて」。
岸田政調会長が「2回目の米朝首脳会談は物別れになったという評価になっているが、中途半端な妥協や譲歩をするよりはき然とした対応を取ることは評価できる」などスタジオコメント。
米国・トランプ大統領、オバマ前大統領、日朝、ストックホルム合意、排他的経済水域、広島、原爆、日韓慰安婦合意について言及あり。
北朝鮮・金正恩委員長、ICBM発射実験の映像。

03/24 19:11 BS朝日 【BS朝日 日曜スクープ】
2012年12月から6年余長期政権を続ける安倍総理大臣。
通算在籍日数は吉田茂元総理大臣を抜き戦後2位。
自民党・二階幹事長は「今の活躍からすれば(4選も)十分あり得る」と述べた。
ポスト安倍の一人として注目されている岸田文雄政調会長は「今現在自民党の党則は総裁3期まで」と述べた。
第1次安倍内閣で初入閣を果たした岸田政調会長は2012年、第2次安倍内閣で外務大臣に就任。
戦後最長の4年8か月にわたり激変する国際情勢の中で結果を残した。
在任中に第2次世界大戦後初めてとなる米国大統領の広島訪問を成し遂げた。
日韓関係では慰安婦問題を最終決着に導くと期待された日韓合意を成立させた。
2017年8月の内閣改造では政調会長に就任。
自民党内の改革に着手。
自民党の保守本流の流れをくみ多くの総理(池田勇人、宮沢喜一、大平正芳、鈴木善幸)を輩出した宏池会会長として日本の政治のあるべき姿をどのように描いているのか。
岸田政調会長が生出演。
次期総理候補の一人として描く日本の未来の姿、必要なリーダーシップについて聞く。
予算について言及あり。
中国・王毅外相、ロシア・ラブロフ外相、広島市、米国・オバマ前大統領、韓国・ソウル、尹炳世元外相の映像。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組