JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる話題
2017年10月19日(木)
最新TV速報
     
【気になる話題】
衆議院選挙] (518件/週)




10/18 23:38 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
衆議院選挙。
各党に経済政策を問う。
今日は日本維新の会・松井一郎代表。
今回、日本維新の会は希望の党と選挙協力している。
しかし、これまで松井代表と橋下徹は、安倍総理と菅官房長官と毎年クリスマスイブに会談し、蜜月関係を保ってきた。
松井代表は、安倍総理との関係について「非常にいい人間関係。
総理も官房長官も改革することになれば、自民党の中にも抵抗勢力がある。
我々維新が“どんどん外から(改革を)やって”と」、選挙後に自民党や公明党と組み与党に入る可能性について、「これはない。
是々非々の野党として活動することで与党に対してものが言える」と述べた。
今回、小池代表と接近したことによる関係の変化については「そんなに懐の狭い人たちではない。
選挙が終われば、野党であろうと話し合いができる」と述べた。

10/18 23:37 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
衆議院選挙。
各党に経済政策を問う。
今日は日本維新の会・松井一郎代表。
日本維新の会は、教育無償化は消費税増税がなくとも身を切る改革で実現できるとする。
松井代表は「どうしても足りなければ、教育無償化の財源は相続税もあり。
成功者には少し負担してもらおうと思う」と述べた。
また、日本維新の会の成長戦略の柱は規制緩和。
例えば、保育士不足については「子育てが終わった世代の母親に研修後、資格を取ってもらう準保育士として。
規制を外せば働くところができ、待機児童の対策もできる」と述べた。

10/18 23:34 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
衆議院選挙。
各党に経済政策を問う。
今日は日本維新の会・松井一郎代表。
党本部・大阪・心斎橋。
初代代表・橋下徹。
橋下徹の勧めもありバイク免許を取得。
一緒にツーリングも。
職歴・電気工事会社社長。
日本維新の会はこれまで安倍総理と関係が近かったが、今回は希望の党と協力。
希望の党が伸びず日本維新の会にも影響が出ていることについて松井代表は、「今まで楽な選挙はない。
消費税の凍結と言っている理由を説明していけば分かってもらえる」と述べた。
日本維新の会が強調するのは、消費税増税の凍結と身を切る改革。
2012年に与野党は消費税増税で合意。
その後、議員定数や報酬の削減でも合意。
しかし、増税は実施されるものの、議員定数は1票の格差是正のため5議席減っただけ。
議員報酬は一時的に2割減額したものの、その後、元に戻った。
松井代表は「満額支給に戻っている。
国会議員の満額は2000万円を超える。
日本の働いている人の所得上位1%。
国会議員が約束を反故にする状態で2年先の増税は、あまりにも納税者を馬鹿にしている」と述べた。
大阪市中央区の映像。

10/18 23:12 日本テレビ 【NEWSZERO】
衆議院選挙の投票まであと4日。
北海道11区に立候補した自民党・中川郁子と立憲民主党・石川香織は同じ聖心女子大学の出身で、夫は元衆議院議員。
代理士の妻の対決が熱を帯びている。
中川郁子の夫は財務大臣などを務めた中川昭一。
夫の死後その地盤を引き継ぎ、今回3度目の当選を目指している。
中川は“政策を継続していくことが重要”だと訴える。
中川は2015年、妻子ある議員と路上でキスしているところを週刊誌に報じられ謝罪をしている。
一方立憲民主党から立候補したのは元アナウンサーの石川香織。
石川の夫は政治資金規正法違反で有罪判決を受けた石川知裕元衆議院議員。
元々夫の出馬で準備を進めていたが、公示までに公民権が回復せず急きょ妻が出馬することに。

10/18 22:38 テレビ朝日 【報道ステーション】
投票日まであと4日。
今回の衆議院選挙で問われているのはこの5年間のアベノミクスの評価でもある。
数々のデータを出して実績をアピールする与党に対して、野党の多くは「実感がない」と批判している。
自民党。
総裁・安倍晋三総理大臣は「最低賃金が上がり、パートの時給も過去最高になっている」と述べ、公明党・山口那津男代表は「いま、大学生、高校生の就職率は過去最高になった」とコメント。
日本のこころ・中野正志代表は「いま、日本経済はなんとかアベノミクスで上昇気流」とコメント。
一方、共産党志位和夫委員長は「働く人の実績賃金は安倍政権のもとで10万円も減った」と指摘。
自民党・安倍総理大臣、公明党・山口代表、日本のこころ・中野代表、共産党・志位委員長の街頭演説。

10/18 22:32 BS日テレ 【深層NEWS】
与野党に聞く衆議院選の争点を特集。
3日目のきょうは、希望の党、日本維新の会。
日本維新の会幹事長・馬場伸幸、日本テレビ政治部野党キャップ・清田大輝に話を聞く。
馬場伸幸に質問。
Q「希望の党との連携はプラス?マイナス?」A「情勢は我々の実力。
それ以上でもそれ以下でもない」。
Q「選挙後に自民党との連立はある?」A「ない」。
希望の党の伸び悩みについて、「耐え抜いてほしい」と説明。
選挙序盤の情勢について、「派手に動かず、埋没感があったのでは」と説明。
東京・大阪以外での希望との競合について、「交渉はできなかった」と説明。
選挙後の希望の党との連携の可能性について、「スタンス、政策は一致している。
協力はしたいが、合流はない」と説明。
野党との共闘について、「政策が合わない。
距離は、自民・公明の方が近い」と説明。
5年弱の安倍政権の評価について、「2台保守政治はあるべき姿」と説明。
分かりづらい党のスタンスについて、「大阪の考え方は少し違う」と説明。
アベノミクスの評価について、「第三の矢は出来ないと思う。
森友・加計問題も規制緩和から派生している」と説明。
安倍政権の改善点について、「組織とのしがらみをなくす」と説明。
(中継)読売テレビ。

10/18 22:17 BS日テレ 【深層NEWS】
与野党に聞く衆議院選の争点を特集。
3日目のきょうは、希望の党、日本維新の会。
希望の党代表・小池百合子、日本テレビ報道解説委員長・粕谷賢之に話を聞く。
民進党との希望の党「政策協定書」の記載「公認候補となるに当たりとうに資金提供をすること」について、「0から始めた新党。
皆で始めたい」と説明に政策協定書は“踏み絵”?ついて、「党同士の連立でもある。
特別なことではない」と説明。
希望の党「政策協定書」の記載「安保保障法制は憲法に則り運用する」への元民進党議員の態度について、「国民にとって必要なことは認める」と説明。
選挙後の維新との連携?について、「政界再編が国民の目の前で行われているのは画期的」と説明。
「ど真ん中を行く」とは?について、「国民の目から見たど真ん中」と説明。
希望の党の社会保障・経済政策・憲法改正・原発の公約を紹介。
憲法9条への“自衛隊”明記での改革について、「安倍首相の案は不要」と説明。
憲法改正の議論をどう進める?について、「日本国憲法の地方自治確立も見直したい」と説明。

10/18 22:08 BS日テレ 【深層NEWS】
与野党に聞く衆議院選の争点を特集。
3日目のきょうは、希望の党、日本維新の会。
小池百合子に質問。
Q「再び“小池旋風”を起こす秘策は?」A「候補者の底力」。
Q「いかなる選挙結果でも代表を続ける?」A「自分は都知事は続け、議員としては存在しない。
国会で、共同代表を置く」。
選挙後の共同代表性について、「松井代表・片山代表多く維新の会と同じ」「共同代表と役割分担する」と説明。
選挙序盤の情勢について、「しっかり戦い抜く」と説明。
“節目”が変わった「排除」発言について、「言葉の使い方を考えさせられた。
政党の理念は同じであるべき」と説明。
野党からの“与党の補完勢力”との指摘について、「全く当たらない。
今の政権はできないことを言っている」と説明。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
アクセスランキング
注目番組