JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる話題
2017年02月24日(金)
最新TV速報
     
【気になる話題】
福島原発・汚染水処理] (3件/週)

02/24(金) BS1 【BSニュース】
東電・福島第一原発1号機・“ワカサギ釣り”ロボ・来月中旬投入へ
東京電力・福島第一原子力発電所では、事故で溶け落ちた核燃料の状況を調べるため、2号機に続いて1号機でも、原子炉がある格納容器内部にロボットが投入されることになった。
格納容器に溜まる汚染水の中にワカサギ釣りのようにカメラを下ろしていくロボットが使われる。
格納容器の底は2m余の深さまで濁った汚染水がたまっており、水中の様子が映像でとらえられない場合、計測された放射線量からデブリの広がりを推定する。
一方、2号機の格納容器の内部の一連の調査についても撮影した映像や内部に入ったロボットの付着物の詳しい分析が行われる。
今後1号機と2号機でデブリの手がかりが得られるか注目される。
茨城・日立の映像。

02/24(金) NHK総合・東京 【おはよう日本】
東電・福島第一原発1号機・“ワカサギ釣り”ロボ・来週中旬投入へ
東京電力・福島第一原子力発電所では、事故で溶け落ちた核燃料の状況を調べるため、2号機に続いて1号機でも、原子炉がある格納容器内部にロボットが投入されることになった。
格納容器に溜まる汚染水の中にワカサギ釣りのようにカメラを下ろしていくロボットが使われる。
1号機と2号機でデブリの手がかりが得られるか注目される。
茨城・日立の映像。

02/24(金) NHK総合・東京 【おはよう日本】
東電・福島第一原発1号機・“ワカサギ釣り”ロボ・来週中旬投入へ
東京電力・福島第一原子力発電所では、事故で溶け落ちた核燃料の状況を調べるため、2号機に続いて1号機でも、原子炉がある格納容器内部にロボットが投入されることになった。
格納容器に溜まる汚染水の中にワカサギ釣りのようにカメラを下ろしていくロボットが使われる。
水中の様子を映像で捉えられない場合、計測された放射線量から燃料デブリの広がりを推定する。
2号機の格納容器内部の一連の調査についても、撮影した映像や内部に入ったロボットの付着物の詳しい分析が行われる。
1号機と2号機でデブリの手がかりが得られるか注目される。
茨城・日立の映像。

▲画面のトップへ