JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる話題
2017年02月24日(金)
最新TV速報
     
【気になる話題】
北朝鮮拉致問題再調査] (48件/週)

02/24(金) テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
正男殺害・北朝鮮の大使館職員関与?暗躍の歴史・過去にも・外交特権使い…
北朝鮮・金正男殺害事件。
アフリカの元北朝鮮大使館員・高英煥が北朝鮮による全斗煥韓国大統領暗殺計画に動員されたことがあると証言している。
このとき計画は中止されたが、翌年ラングーン事件(ビルマ)が起きた。
コリアレポート編集長・辺真一は「工作員は外交官や貿易マンを装って他国に入る。
国連制裁決議の中にエジプト大使とミャンマー大使は制裁対象リストに載っている。
重要参考人の男は2等書記官の名をかたった工作員の可能性が高いとマレーシア警察は見ている」と解説。
北朝鮮大使館員が関与した事件(日本人拉致、偽札販売など)についてフリップで紹介。
在マレーシア北朝鮮大使館(クアラルンプール)、空港の防犯カメラの映像。
覚醒剤、武器、たばこについて言及。
法政大学教授・萩谷順は「北朝鮮の外交官には工作員が多いと思う」とスタジオコメント。

02/24(金) テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
北の大使館員に疑惑・日本人の拉致事件も・元大使館員が驚き証言
北朝鮮・金正男殺害事件。
韓国メディア(MBN)によると正男殺害が疑われる2等書記官の男はマレーシア政府に名前を隠していたという。
1998年、ロシアで偽のドル札を売ろうとして北朝鮮大使館員が国外追放になっている。
2005年には米国国務省が北朝鮮外交官が麻薬密売に従事するなど国家での麻薬の製造取り引きの疑いが強いと批判している。
日本人拉致事件にも関わっている疑いがある。
韓国メディア・連合ニュースによると、北朝鮮は違法な武器取り引きや営利活動を行ってきたとして国連安保理から在外公館の職員数の縮小を命じられる制裁も受けている。
毎日新聞部長委員・鈴木琢磨は「大使館員を装っているが正体はおそらく工作員。
北朝鮮の場合は工作員の秘密基地のような役割が一つと、外貨稼ぎをさせられると平壌にお金を上納しなければならないという闇のビジネスマンのような仕事を大使館員がやっている。
麻薬や密輸入など」とコメント。
北朝鮮大使館(マレーシア)、よど号事件、日本人拉致事件を告白した「よど号」グループ元妻の著書の映像。
 

02/24(金) TBSテレビ 【ひるおび!】
<ひるトク!>北朝鮮との外交交渉・東南アジア諸国が舞台に
北朝鮮・金正男殺害事件。
共同通信社編集委員・元平壌支局長・磐村和哉とコリアレポート編集長・辺真一は「東南アジア諸国と北朝鮮は冷戦時代米国とソ連どちらにも属さない非同盟諸国として友好的な関係を築いてきた」と話す。
2007年以降ジャカルタと平壌は友好都市提携した。
インドネシアのスカルノ大統領と北朝鮮・金日成国家主席の写真、ベトナムのマイン共産党書記長と金正日総書記の写真(ベトナムの最高指導者の北朝鮮訪問は50年ぶり)を紹介。
北朝鮮・平壌でのベトナムのマイン共産党書記長と金正日総書記、インドネシア・ジャカルタ(拉致被害者一家再会)、ブルネイで行われた日朝外相会談(2ヵ月後の当時の小泉総理電撃訪朝に繋がる)、マレーシアで行われたミサイル開発問題をめぐる米国と北朝鮮の政府間協議の映像。
独協大学教授・竹田いさみは「ASEANは北朝鮮と国際社会とのつなぎ役」、共同通信社編集委員・元平壌支局長・磐村和哉は「ASEANは第三国の役割で国際社会のアピールになる」とスタジオコメント。
ASEAN地域フォーラムについて言及。
今年のASEANの議長国はフィリピン。

02/24(金) TBSテレビ 【ひるおび!】
「2014年北の軍研究所に殺害指示が出ていた」金正男遺体からVX検出
金正男殺害事件。
韓国の拉致被害者家族でつくる「拉致者家族会」の崔代表。
北朝鮮の朝鮮人民軍第810軍部隊傘下の研究所に正男を殺害する指示が出ていたとの情報があると明らかにした。
偵察総局に近い消息筋から得た情報。
研究所は北朝鮮・平壌にある生物技術研究院。
研究所幹部にはマレーシア警察が逮捕した容疑者と同名の人物がいる。
朝鮮中央通信は15年、金正恩が同部隊傘下の平壌生物技術研究院を視察したと報じている。
関係者によると、金正男の遺体から検出されたのはパラチオンメチルとみられる物質。
マレーシア治安当局者は北朝鮮大使館のヒョングァンソン二等書記官が事件を画策した主導的人物だと明らかにした。
警察筋は書記官が高麗航空職員とともに事件当日、空港にいたと話した。
マレーシア紙ハリアンメトロは職員が今年1月、空路で東京からマレーシア入りしたと伝えた。
地元「東方日報」によれば、重要参考人2人は大使館に戻り現在まで管内にとどまっているとみられる。
マレーシア警察のカリド長官は職員が出頭要請に応じない場合、逮捕状を請求する方針を明らかにした。
4容疑者については国際刑事警察機構に協力を要請。
立川志らく、溝口紀子のスタジオコメント。
マレーシア治安当局筋のコメント文(英国紙デーリーテレグラフへの発言)。
マレーシア・クアラルンプール国際空港の映像。

02/24(金) テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
正男“暗殺”空港カメラに外交官・北の関与疑惑深まる
実行犯の女2人や北朝鮮に逃亡した4人の容疑者をまとめていたのが北朝鮮大使館2等書記官の男とマレーシアメディアが報じている。
シンガポールのテレビ局は2等書記官が4人を見送る様子が防犯カメラに映っていたと報じている。
国家ぐるみの犯罪が濃厚になった。
韓国拉致家族会代表・チェソンリョンは正男殺害に関する驚きの証言を。
2014年12月初旬に金正恩が金正男を殺害しろと特別指示を出したので、すべての部隊がどう殺すか研究したという。
韓国・ソウルの映像。
韓国メディアも生物技術研究院という第三の機関が関与し新種の毒物を開発した可能性があると報じた。

▲画面のトップへ