JCCテレビすべて
特集ch 旅行
2018年01月23日(火)
最新TV速報
     
【旅行】
聖地情報] (12件/週)




01/23 00:19 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
丸の内エリアがベンチャーの聖地になる為には何が必要か。
モルガンスタンレーMUFG証券シニアアドバイザー・ロバートAフェルドマンは「結合。
アイデアの結合と人間の結合。
丸の内の新構想の壁となるのは働き方改革だと思う。
時間の制限とイノベーションは水と油の関係。
どの企業も一緒だがイノベーションには時間がかかる。
そうすると働き方改革が邪魔になる可能性もあるので、今の働き方改革を白紙撤回して最初から練り直す必要があると思う。
そうしないとイノベーションは起こらない。
人間が動けるような働き方改革にしないと新しい企業はできない」とスタジオコメント。
国会に言及。

01/23 00:17 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
丸の内に隣接する大手町にあるフィノラボは金融とITを組み合わせたフィンテック関連のベンチャー企業が集まる拠点で、三菱地所が整備した。
ここに入居するベンチャー・リキッドジャパンは指紋や静脈を使って決済や本人確認を行うシステムを手掛けている。
リキッドはフィノラボが移転した去年からゲートに指紋認証技術を提供し、実証実験を進めてきた。
技術力の高さが認められ、リキッドのシステムは今年移転した三菱地所の新本社にも導入されている。
ベンチャーにとって営業や人材採用の面で丸の内周辺にオフィスを持つ利点は大きいとのこと。
一方、三菱地所はオフィスが手狭になった企業に広めの部屋への移転を提案。
目指すのは大企業だけでなく有力なベンチャーも数多く集まるオフィス街。
丸の内地域のブランド価値を一層高める狙い。
リキッドジャパン・保科秀之社長、カウリス・塩濱剛治取締役、MF KESSAI・冨山直道社長、ワランティ・庄野裕介社長、三菱地所・西地達也のコメント。
大手町ビル(東京・千代田区)の映像。

01/23 00:14 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
複合商業ビル・丸の内オアゾの地下4階(三菱地所グループ・丸の内熱供給が管理)は来月6日、小型ドローンを使った無人点検の実証実験を行う。
実験にはベンチャー企業・ブルーイノベーションのドローンを使用する。
三菱地所は自社の施設が多く建つ丸の内地域での実証実験を支援している。
去年9月にはNTTドコモとベンチャー・ハタプロが無線通信の実験を実施。
12月にはソフトバンクグループがフランスのベンチャー・ナビヤの自動運転バスを使った実証実験を行った。
丸の内地域は多くの大企業が拠点を構えているほかメガバンクが本社を置いていて、ベンチャーがビジネス拡大の足掛かりを得やすい場所。
三菱地所は丸の内をベンチャー企業の実証実験場にしようと考えている。
三菱地所街ブランド推進部・奥山博之のコメント。
新丸ビルに言及。

01/23 00:12 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
新丸の内ビルディングで三菱地所と綜合警備保障が実証実験を始めた。
この実験ではAIベンチャー・パークシャテクノロジーのAIを使用。
これはビルの監視カメラ映像を画像解析し、人間の様子を把握するというもの。
AIで具合が悪い人や不審者などの検知を行うとのこと。
大規模ビルの警備を担う警備会社でも最新のIT技術とスピード感を持ったベンチャー企業が今後必要不可欠になってくるとのこと。
綜合警備保障・桑原英治執行役員待遇は「東京五輪を迎えると全然警備員が足りないと分かっているので、人の目の代わりにAIが予知、予兆を検知するのを目指したい」と話した。
パークシャテクノロジー・山田尚史取締役、綜合警備保障・桑原英治執行役員待遇のコメント。
東京・千代田区の映像。

01/23 00:11 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
国内でベンチャー企業が集まる街と言えば渋谷と六本木。
渋谷にはサイバーエージェントやミクシィ、DeNAなどが本社を置いていて、こうした有力なIT企業と仕事をする為にもベンチャー企業が続々と渋谷に集まってきている。
一方、六本木ヒルズに本社を置くのがアップルジャパンやグーグル、フリマアプリを展開するメルカリなどで多くのベンチャー企業が集まってきている。
こうしたなか新たなベンチャーの街として日本最大のオフィス街・丸の内が名乗りを挙げた。
大企業や銀行のイメージが強い丸の内地域だが、ベンチャーの新たな聖地として生まれ変わる事はできるのか。
渋谷駅前(Google Earth)の映像。
米国・シリコンバレー、ヒルズ族に言及。

01/22 23:19 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
丸の内エリアがベンチャーの聖地になる為には何が必要か。
モルガンスタンレーMUFG証券シニアアドバイザー・ロバートAフェルドマンは「結合。
アイデアの結合と人間の結合。
丸の内の新構想の壁となるのは働き方改革だと思う。
時間の制限とイノベーションは水と油の関係。
どの企業も一緒だがイノベーションには時間がかかる。
そうすると働き方改革が邪魔になる可能性もあるので、今の働き方改革を白紙撤回して最初から練り直す必要があると思う。
そうしないとイノベーションは起こらない。
人間が動けるような働き方改革にしないと新しい企業はできない」とスタジオコメント。
国会に言及。

01/22 23:17 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
丸の内に隣接する大手町にあるフィノラボは金融とITを組み合わせたフィンテック関連のベンチャー企業が集まる拠点で、三菱地所が整備した。
ここに入居するベンチャー・リキッドジャパンは指紋や静脈を使って決済や本人確認を行うシステムを手掛けている。
リキッドはフィノラボが移転した去年からゲートに指紋認証技術を提供し、実証実験を進めてきた。
技術力の高さが認められ、リキッドのシステムは今年移転した三菱地所の新本社にも導入されている。
ベンチャーにとって営業や人材採用の面で丸の内周辺にオフィスを持つ利点は大きいとのこと。
一方、三菱地所はオフィスが手狭になった企業に広めの部屋への移転を提案。
目指すのは大企業だけでなく有力なベンチャーも数多く集まるオフィス街。
丸の内地域のブランド価値を一層高める狙い。
リキッドジャパン・保科秀之社長、カウリス・塩濱剛治取締役、MF KESSAI・冨山直道社長、ワランティ・庄野裕介社長、三菱地所・西地達也のコメント。
大手町ビル(東京・千代田区)の映像。

01/22 23:14 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
複合商業ビル・丸の内オアゾの地下4階(三菱地所グループ・丸の内熱供給が管理)は来月6日、小型ドローンを使った無人点検の実証実験を行う。
実験にはベンチャー企業・ブルーイノベーションのドローンを使用する。
三菱地所は自社の施設が多く建つ丸の内地域での実証実験を支援している。
去年9月にはNTTドコモとベンチャー・ハタプロが無線通信の実験を実施。
12月にはソフトバンクグループがフランスのベンチャー・ナビヤの自動運転バスを使った実証実験を行った。
丸の内地域は多くの大企業が拠点を構えているほかメガバンクが本社を置いていて、ベンチャーがビジネス拡大の足掛かりを得やすい場所。
三菱地所は丸の内をベンチャー企業の実証実験場にしようと考えている。
三菱地所街ブランド推進部・奥山博之のコメント。
新丸ビルに言及。

01/22 23:12 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
新丸の内ビルディングで三菱地所と綜合警備保障が実証実験を始めた。
この実験ではAIベンチャー・パークシャテクノロジーのAIを使用。
これはビルの監視カメラ映像を画像解析し、人間の様子を把握するというもの。
AIで具合が悪い人や不審者などの検知を行うとのこと。
大規模ビルの警備を担う警備会社でも最新のIT技術とスピード感を持ったベンチャー企業が今後必要不可欠になってくるとのこと。
綜合警備保障・桑原英治執行役員待遇は「東京五輪を迎えると全然警備員が足りないと分かっているので、人の目の代わりにAIが予知、予兆を検知するのを目指したい」と話した。
パークシャテクノロジー・山田尚史取締役、綜合警備保障・桑原英治執行役員待遇のコメント。
東京・千代田区の映像。

01/22 23:11 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
国内でベンチャー企業が集まる街と言えば渋谷と六本木。
渋谷にはサイバーエージェントやミクシィ、DeNAなどが本社を置いていて、こうした有力なIT企業と仕事をする為にもベンチャー企業が続々と渋谷に集まってきている。
一方、六本木ヒルズに本社を置くのがアップルジャパンやグーグル、フリマアプリを展開するメルカリなどで多くのベンチャー企業が集まってきている。
こうしたなか新たなベンチャーの街として日本最大のオフィス街・丸の内が名乗りを挙げた。
大企業や銀行のイメージが強い丸の内地域だが、ベンチャーの新たな聖地として生まれ変わる事はできるのか。
渋谷駅前(Google Earth)の映像。
米国・シリコンバレー、ヒルズ族に言及。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組