JCCテレビすべて
TPP特集
2018年04月21日(土)
最新TV速報
【TPP特集】
どうなるTPP交渉] (192件/週)

04/21 09:09 BSジャパン 【日経プラス10サタデー ニュースの疑問】
日米首脳会談のポイントを紹介。
北朝鮮の非核化は最大限の圧力維持で一致。
拉致問題は早期解決で一致。
通商貿易は新たな枠組みの閣僚級協議開始で合意。
TPPに米国は復帰せず2国間協定を望む。
鉄鋼・アルミ関税は日本を対象から除外しない。
中部大学特任教授・細川昌彦は「日本側は議論する中身や時間軸を割と長めにとっての議論になると思うが、米国は短期の、2国間の貿易不均衡是正の一点に集中している。
トランプ大統領自身は1回もFTAという言葉を使っていない」、みずほ総研欧米調査部長・安井明彦は「日本もそれほど押し込まれることもなかった。
一番懸念していた為替の話と結び付けられるとか、安全保障の噺と結び付けられるという事もなかった」、ニューヨーク州弁護士・山口真由「日米2国間の交渉について言えば財務省は相当トラウマになっている」、国際ジャーナリスト・歳川隆雄「トランプ大統領のゴルフのときの帽子の色が前回は白、今回は赤だった。
トランプ大統領は白の防止のときは上機嫌、赤のときは機嫌があまり良くない。
昨年2月に比べると友情度はややダウンだが、両首脳の会見を聞く限り通商貿易についても安倍首相にとって上出来だったと思う。
北朝鮮問題に関しては日本側にとって満額回答」とスタジオコメント。
内閣広報室提供の映像。

04/21 09:05 BSジャパン 【日経プラス10サタデー ニュースの疑問】
平昌五輪を境に急激に展開する北朝鮮外交や、3月米国・トランプ政権に打ち出された鉄鋼・アルミ製品の輸入制限によって報復措置の応酬が始まるなど、首脳同士の距離感にも注目が集まった日米首脳会談。
対北朝鮮外交での成果を得られるか不安視する声もあったが、米国・トランプ大統領は米朝首脳会談の場で拉致問題解決の交渉を約束。
一方通商問題では日本に対しても貿易不均衡の是正を強く訴え、制裁の強化も辞さないトランプ政権に対し、日本は日中ハイレベル経済対話を開き、自由貿易体制の重要性を確認。
安倍首相は共同記者会見で「我が国としてはTPPが日米両国にとって最善」としたが、これに対しトランプ大統領は「対日貿易赤字は巨額だ。
私は2国間の協定が好きだ。
TPPには戻りたくない」とした。
トランプ大統領は鉄鋼・アルミ関税の対象除外にも応じなかった。
米国・フロリダ州、ワシントン、共同記者会見の映像。

04/21 08:32 日本テレビ 【ウェークアップ!ぷらす】
日米経済対話が去年4月から始まっている。
それに加え、新たな貿易競技の枠組み(自由で公正な相互にメリットのある貿易・投資のあり方)で話し合う。
麻生財務相、茂木経済再生相、ペンス副大統領、ライトハイザー通商代表部代表、朝鮮中央テレビの映像。
TPP11、拉致問題、パソコンに言及。
学習院大学特別客員教授・ジャーナリスト・岩田公雄、弁護士・三輪記子、時事通信社特別解説委員・田崎史郎のスタジオコメント。
エコノミスト・エミンユルマズ(トルコ・イスタンブール出身。
東大院卒。
野村証券退社後に複眼経済塾の取締役)のスタジオコメント「日本の外交は弱腰に見える。
米国にべったりくっついている。
日本独自の路線が見えない」。

04/21 08:26 日本テレビ 【ウェークアップ!ぷらす】
日米首脳会談での日本の要望は北朝鮮問題(最大限の圧力、拉致問題、核・ミサイル)、通商問題(鉄・アルミへの関税対象から除外、TPPへの復帰)。
米国・トランプ大統領は2か国間取引の協定を要望。
米国の日本への貿易赤字額は2017年度、総額7961億ドル(米国商務省調べ)中、約6兆9990億円(財務省調べ)。
NAFTA、TPPの参加国の一覧。
株式情報。
(中継)読売テレビ東京支社。
エコノミスト・エミンユルマズ(トルコ・イスタンブール出身。
東大院卒。
野村証券退社後に複眼経済塾の取締役)のスタジオコメント「この通商問題でトランプはこれから色々投げてきそう。
これですむとは思わないほうがいい」。
学習院大学特別客員教授・ジャーナリスト・岩田公雄、元外交官・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・宮家邦彦(外務省時代に米国・中国・イラクに駐在)のスタジオコメント。
安倍総理に言及。

04/21 08:14 日本テレビ 【ウェークアップ!ぷらす】
米国・トランプ大統領は米朝首脳会談の開催地について、「米国以外の5か所に絞った」と述べた。
その一方で「会談に成果がなければ席を立たせていただく」と北朝鮮をけん制。
拉致被害者家族会・飯塚敏雄代表のコメント。
27日には南北首脳会談、6月上旬までに米朝首脳会談が行われる予定。
日本はトランプ大統領を通じて影響力を行使する米国頼みなのが現状。
通商問題についてはトランプ大統領はTPPではなく、FTA(自由貿易協定)を結びたいと表明。
そもそも輸入制限をかけたのは日本を2か国間協議に誘う手段なのかもしれない。
神戸大学大学院・国際協力研究科・木村幹教授のコメント。
安倍総理のコメント映像。

04/21 08:01 日本テレビ 【ウェークアップ!ぷらす】
米国フロリダ州で5か月ぶりの再開となった安倍首相と米国・トランプ大統領。
偶然にも同じ柄のネクタイだった。
期待が高まる中始まった日米首脳会談(北朝鮮問題、通商問題)。
拉致問題、TPPに言及。
提供・内閣広報室。

04/20 21:48 BS11 【報道ライブ インサイドOUT】
安倍首相とトランプ大統領は、米国・フロリダ州で首脳会談を行った。
初日の会談では、北朝鮮の核開発問題に関して、核の放棄を実現するまで最大限の圧力を維持する方針を確認した。
トランプ大統領は、日本人拉致問題について、米朝会談で取り上げる」と明言をした。
日米間の貿易に関して、安倍首相がTPPが「最善」と述べ、米国の復帰を促したが、トランプ大統領は、2国間のFTAを念頭に置いていると見られ、双方の隔たりが鮮明となった。
日米首脳会談(米国・フロリダ州)、共同会見(米国・フロリダ州)の映像。

04/20 21:19 BSフジ 【プライムニュース】
日米首脳会談の要旨:核ミサイル問題『最大限の圧力を維持する方針で一致』、拉致問題『米朝首脳会談で拉致問題を提起』、鉄鋼アルミニウムの輸入制限『日本:適用除外を要請、米国・日米協議で合意すれば除外する可能性』。
TPP『日本:米国の復帰を望む、米国・復帰に否定的、2国間交渉が望ましい』。
立憲民主党代表・枝野幸男「問題は経済。
米国が2国間でここを飲まなければ入れないと、そこは我が国の国益を守る観点から毅然としてノーと言えるかどうか。
この5年間米国の言いなりになってきたことがいざ利害がぶつかるようなケースで弱腰と見ざるを得ない。
米国がTPPに戻らないとしても2国間交渉に引きずり込まれるのは最悪。
拉致問題についてこちらからお願いすればきちんとやって頂くのは当たり前のこと。
どの大統領であっても日米関係で難しいのは日本にとって最大の同盟国であり同盟関係は深めていかねばならない。
それを深めるというのは米国の言いなりになることではない。
安倍首相とトランプ大統領が親しい関係だからこちらの主張を通してくれるというのがナイーブすぎる考え」。
麻生財務相、ペンス副大統領、トランプ大統領、安全保障問題について言及。

04/20 20:48 BSフジ 【プライムニュース】
視聴者からのメール「いつも志位委員長が安倍首相の批判をしているのを拝見する。
今度は志位委員長が政権を取った時のメリットを聞きたい」。
日本共産党委員長・志位和夫は「大きな柱は野党間で一定の合意はできている。
憲法違反の安保法制を廃止して立憲主義を回復する。
アベノミクスによる国民生活破壊、格差と貧困を是正する。
沖縄やTPPなど国民の意見に耳を傾けない強権政治を許さない。
安倍政権の下での憲法改正に反対。
原発問題でも野党4党で原発ゼロ基本法案を出した」とスタジオコメント。
立憲民主党、社民党、自由党、自然エネルギーに言及。

04/20 11:26 テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
計3回目になる南北首脳会談が、間近に迫ってきた。
元外交官で6か国協議や日朝交渉など北朝鮮との交渉に当たった経験を持つ原田武夫が「国交のない北朝鮮との外交交渉」についてスタジオで解説。
日米首脳会談は、2日間にわたって行われた。
ゴルフがあり、非常に蜜月ぶりをアピールすることになった。
成果:北朝鮮問題の3つ拉致問題、非核化圧力維持、短・中距離ミサイル。
課題:通商問題。
米国・トランプ政権が先月発動した鉄鋼やアルミニウムの輸入制限は、EUや韓国は除外されたが日本は除外されなかった。
米国のTPP復帰も難しそう。
原田が注目しているポイントは「ポンペオCIA長官の訪朝」。
原田元外交官がスタジオで解説。
TVプロデューサー・デーブスペクターのスタジオコメント。
第3国、中国・北京、非核化について言及。
北朝鮮・金正恩委員長、平壌、安倍総理大臣、米国・フロリダ州、内閣広報室提供の映像。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組