JCCテレビすべて
特集ch ショッピング
2018年01月23日(火)
最新TV速報
     
【ショッピング】
新商品情報] (33件/週)

01/23 11:24 TBSテレビ 【ひるおび!】
大塚食品は、2月に五十周年を迎える「ボンカレー」が近くシリーズ累計三十億食に達する見通しになったと明らかにした。
記念商品「ボンカレー50」を発売、パッケージには発売当初に起用した女優・松山容子が再登場。
大塚食品は1964年にNASAの宇宙食や米国軍の携行食をヒントに開発を進め、68年に阪神地区限定で販売。
防腐剤なしで常温保存ができるというのが売り。
フランス語でおいしいという意味の「ボン」を商品名に用いた。
1969年のボンカレーの看板は約2万5000円。
1968年のボンカレーは透明パウチ。
大塚食品広報によるとアルミパウチに変更、カレーの賞味期限が2年になり全国販売。
78年には香辛料や果物を加えた「ボンカレーゴールド」を発表。
杜氏、プロ野球巨人の主力選手だった王貞治をCMに起用。
国内のみの販売で、大塚食品広報調べによると市場規模はカレーのルーが503億円、レトルトカレーは539億円。
毎日新聞論説委員・福本容子は看板について「安心する感じ」とスタジオコメント。
立川志らくは「若い世代だと松山容子のパッケージ知らないですよね」とスタジオコメント。
佐藤力の映像。

01/23 00:41 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
大塚食品は今年で発売50周年となるボンカレーの記念企画としてエースコックと連携したスーパーカップボンカレー味を発売。
「スーパーカップ1.5倍ボンカレーゴールド」はうどんとラーメンの2種類。
50周年を迎えたボンカレーは購買層の高齢化が課題。
30周年を迎えたロングセラーカップ麺と手を組むことで、若い世代の取り込みを狙う。
大塚食品・金子忠晴執行役員のコメント。

01/22 23:41 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
大塚食品は今年で発売50周年となるボンカレーの記念企画としてエースコックと連携したスーパーカップボンカレー味を発売。
「スーパーカップ1.5倍ボンカレーゴールド」はうどんとラーメンの2種類。
50周年を迎えたボンカレーは購買層の高齢化が課題。
30周年を迎えたロングセラーカップ麺と手を組むことで、若い世代の取り込みを狙う。
大塚食品・金子忠晴執行役員のコメント。

01/20 22:17 BS1 【経済フロントライン】
ごはんにかけて食べる為に作られたシチューは4か月で400万個以上を販売。
開発のきっかけはシチューの売り上げの減少。
ハウス食品食品事業二部・宮戸洋之部長はネットを通じて消費者のニーズを調べるベンチャー企業を頼った。
井戸端会議のようにシチューについての書き込みが進み、サイト上の議論にヒントを得て新商品を開発。
サイトの会員は2万人超。
サイト運営会社ブラボ・坂田直樹CEOは「企業の会議室で担当者が商品開発しているというより、会議室のドアが開いていて全国の生活者がふらっとオンライン上で入ってきて生活者が企画者になって企業の商品開発に参加できることが一番の大きな特徴」とコメント。
カレーに言及。
東京・千代田区、渋谷区の映像。

01/19 06:49 フジテレビ 【めざましテレビ】
明日1月20日は大寒、そして「甘酒の日」。
甘酒売り上げ推移グラフ。
DEAN&DELUCAカフェ青山(東京・港区)麹ミルク。
コンビニのファミリーマート・甘酒アイスバー(MORINAGA、ノンアルコール)、はーべすとルミネ池袋9F(東京・豊島区)白い自家製甘酒、黒米の自家製甘酒、安納芋と米粉の甘酒味噌グラタン、長崎県産鰤の甘酒味噌焼き。
VERY FANCY loves ANNTEANA(東京・渋谷区)甘酒抹茶ティラミス。
牛乳、バター、マスカルポーネチーズ、抹茶に言及。
 

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組