JCCテレビすべて
話題の記事集 いま政治は
2021年10月17日(日)
最新TV速報
【いま政治は】
国家的危機とリーダーの素質] (10件/週)

09/21 21:21 BSフジ 【プライムニュース】
戦後の総理について。
慶応義塾大学教授・元官房副長官・松井孝浩は「すべての内閣が竹下のような総理ではない。
目配りはグリップ力は強まっているけど弱くなっている気がする。
いまは大きなジャンプをしないと。
国としては変革期。
労働資源をどう確保するかなど、今まで先送りしてきたものを真剣に捉える時に、英断をできるリーダー。
官僚組織を120%発揮させる。
挑戦者として野党がプレッシャーをかけないといけない。
4人の候補に何が足りないと言い出すときりがない」、自民党衆議院議員・元衆議院議長・伊吹文明は「内閣人事局の話は、私たちは与党だった。
民主党内閣の時に内閣人事局の話があったが、幹事長として協力したわけではない。
候補者4人を見ていると、大きなものはない。
自分の政治理念に基づいたどういう国家ビジョンを持っているか。
コロナ後の日本社会はどうあるのというのはほしい」とスタジオコメント。

09/21 21:12 BSフジ 【プライムニュース】
ウィズコロナ、ポストコロナの時代に総理に必要な資質について。
吉田茂、池田勇人総理大臣が国家的危機の後の宰相として名前が上がる2人。
東京大学名誉教授・御厨貴は「危機管理で言うと吉田茂が軍隊がない社会にしないといけないと言っていた。
吉田は戦後の危機管理の中で一番大変なことをやられた。
それを引き継いで、岸は吉田が結んだ安保を変えようと思った。
その安保闘争のあと、池田勇人は一人一人個人の所得をどう位置づけるかをやろうとした」、自民党衆議院議員・元衆議院議長・伊吹文明は「選挙制度が全く違う。
当時のような形は今の選挙制度の元では取りにくい。
自分の政治理念をしっかり持ち、国家像を持つためには歴史を中心とした教養をしっかり持っていないとできない。
1人は中曽根康弘。
もう1人は大平正芳。
政治に対するグリップは田中角栄や竹下登は秀でていた。
田中はお金で掌握した面はある」とスタジオコメント。

09/21 21:02 BSフジ 【プライムニュース】
自民党総裁選について。
自民党衆議院議員・元衆議院議長・伊吹文明は「自分の政治理念に基づく国家のあり方をしっかり示した後に、それを下から上げてくださいというのがボトムアップというのは少しみっともない。
国民の意見を聞く耳を持つが全て受けれれば大混乱になる。
自分の政治理念で整理して決めれば、あとは岸田の場合は宏池会だから手駒がある。
昔は派閥が教育の場だった。
授業はリモートでしていて、テレワークもあるが、大切な契約は対面で話し合って決めていく。
主役は人間である限り失ってほしくない部分」とスタジオコメント。
小泉純一郎元首相のコメント。
ネット、コロナに言及あり。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組