JCCテレビすべて
話題の記事集 いま政治は
2021年10月16日(土)
最新TV速報
【いま政治は】
混戦・次の首相に相応しいのは?独自政策も…4候補が決意表明] (2件/週)




09/17 19:56 BSフジ 【プライムオンラインTODAY】
自民党の総裁選挙がきょう告示され、河野規制改革担当相、岸田前政調会長、高市前総務相、野田幹事長代行の4人による選挙戦がスタートした。
29日の投開票日に向けて、4人の戦いが本格的に始まるが、野田氏の参戦で、混戦にさらに拍車がかかり票の争奪戦が激しさを増している。
候補者の届け出は午前10時から始まり、4陣営の代表者が推薦人名簿とともに立候補を届け出た。
その後、くじ引きで、河野、岸田、高市、野田の順番で届け出が受理された。
4人の候補は今朝、総裁選に向けた決意を語った。
河野規制改革相「目の前の重い扉を押し開けて、もう一度日本を前に進めていきたい。
日本を前に進めるために、私はこの国のリーダーを目指していきたい」。
岸田前政調会長「政策論争を通じて、国民の信頼を回復する。
そして、自民党を改革する、こうした思いをしっかり訴えていきたい」。
高市前総務相「精いっぱい私の政策を訴え、そして多くの国会議員の皆さま、党員党友の皆さまに対して、しっかりと伝わっていくように努力を続けてまいります」。
野田幹事長代行「悲しみ、苦しみ、喜び、不安、そんなものをしっかりとお伝えし、政治を前へと進めていける、そんな1人になりたい」。
きょうから始まる論戦を通じて、全国の党員にどうアピールするかが大きな焦点だが、野田氏の参戦により、各陣営とも戦略の見直しを迫られている。
自民党本部の映像。
世論調査、小泉、石破、「小石河連合」、安倍前首相、決選投票に言及。

09/17 17:52 TBSテレビ 【Nスタ】
事実上、次の総理大臣を決める自民党総裁選。
4人の候補者たちが演説会で決意表明を行った。
河野行革相が訴えたのが、コロナ対策へのデジタル技術の活用。
「コロナ前に戻るのではなく、新しい未来につながる投資を」と訴えた。
また前回の総裁選で敗れた岸田前政調会長は、国民に人気の高い河野行革相との違いを意識したのか、岸田前政調会長は最大の争点に党の改革を位置づけ、党役員の任期の明確化を改めて訴えた。
一方、安倍前首相からの支援を受け保守派に支持を広げている高市前総務相は「日本経済強靭化計画」のスローガンを掲げ、大胆な危機管理投資で日本経済を立て直すとした。
更に国の防衛にも時間を割いた。
一方、ギリギリのタイミングで出馬にこぎつけた野田幹事長代行は「こどもまんなか庁」の創設や、女性の社会進出など多様性を旗印に戦う。
その後の記者会見では、女系天皇について言及した。
29日の投開票まで熾烈な戦いが続く。
自民党麻生派・河野太郎行革相、自民党岸田派・岸田文雄前政調会長、自民党無派閥・高市早苗前総務相、自民党無派閥・野田聖子幹事長代行のコメント。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組