JCCテレビすべて
話題の記事集 いま政治は
2019年01月18日(金)
最新TV速報
【いま政治は】
不適切手法へ変更・認める記述] (4件/週)

01/12 09:53 BS1 【BSニュース】
厚生労働省が「毎月勤労統計調査」を不適切な手法で行っていた問題。
今回問題となった不適切な手法は平成16年から始まったが、厚労省によると担当部署の当時のマニュアルに「規模500人以上の事業所が集中している東京都では、全数調査をしなくても精度が確保できる」という記述があったという。
その一方、統計の調査手法を変える際には総務省に申請を行い、総務省の統計審議会の意見を聞く必要があったが、その手続きをしていなかったという。
厚労省は弁護士などでつくる監察チームでさらに詳しい経緯を調べるとともに、担当者の処分も検討することにしている。
また、今回の問題を受けて、今月下旬に国会で閉会中審査が行われる見通しとなった。
与党側は早期に事態の収拾を図り、通常国会での予算審議などへの影響を避けたい考え。
これに対し野党側は「国の信頼を揺るがしかねない問題」として追及を強める方針。

01/12 09:51 BS1 【BSニュース】
厚生労働省が「毎月勤労統計調査」を不適切な手法で行っていた問題。
この手法による調査が始まった15年前、担当部署の当時のマニュアルに、不適切な手法への変更を認める記述があったことが分かった。
その一方で調査手法を変える際に必要な総務省への申請は行っておらず、厚労省はさらに詳しいいきさつを調べるとともに、担当者の処分も検討することにしている。
「毎月勤労統計調査」は賃金や労働時間の動向を把握するために行われている。
従業員5人以上の事業所が対象で、499人までの事業所は抽出調査、500人以上の大規模な事業所については全調査となっていた。
しかし、東京都内では約1/3の事業所しか調べていなかったという。
この問題で、調査結果を基に算定している雇用保険や、労災保険などに影響がでている。
本来より少なく支給され、その数は推計で延べ1973万人、総額は537億5000万円に上るという。
厚労省は電話相談窓口を設け、追加支給の可能性がある人からの相談を受け付けている。
問い合わせはきのう午後だけで約500件に上った。
厚労省や労働局、ハローワークから直接電話することはないとして、厚労省はこれらを騙る詐欺に注意を呼びかけている。
根本厚生労働大臣のコメント。
(テロップ)厚労省相談窓口の電話番号(雇用保険、労災保険)。

01/12 06:50 BS1 【BSニュース】
厚生労働省が賃金や労働時間に関する調査・毎月勤労統計調査を不適切な手法で行っていた問題で、この手法による調査が始まった15年前担当部署の当時のマニュアルに不適切な手法への変更を認める記述があったことが分かった。
この問題で雇用保険の失業給付や労災保険の給付などのべ1973万人に総額537億5000万円が本来より少なく支給されたと推計される。
厚生労働省では追加支給の可能性がある人からの相談を受け付けている。
問い合わせは昨日午後だけで約2500件。
厚生労働省は弁護士などで作る監査チームで調べ担当者の処分も検討している。
今回の問題を受け今月下旬に国会で閉会中審査が行われる見通しとなった。
問い合わせ先、詐欺への注意、当時のマニュアル紹介。
これまでの調査の方法紹介。
根元厚労相のコメント。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組