JCCテレビすべて
話題の記事集 いま政治は
2017年04月29日(土)
最新TV速報
     
【いま政治は】
退位・有識者会議最終報告を安倍首相に提出] (11件/週)

04/21(金) TBSテレビ 【フラッシュニュース】
安倍首相に提出・「退位」有識者会議が最終報告
天皇陛下の退位やその先の皇室の形を盛り込んだ政府の有識者会議の最終報告が安倍首相に提出された。
これを受けて政府は法案を国会に提出し速やかに成立を図りたい考え。
この中で天皇陛下の退位後の称号は「上皇陛下」、皇后陛下の退位後の称号は「上皇后陛下」、さらに身の回りの世話をする「上皇職」を新設、秋篠宮さまの呼称には次の天皇陛下を指す「皇嗣」という名称を加えることを提案している。
安倍総理の発言(首相官邸)。

04/21(金) BSフジ 【プライムニュース】
<FLASH>「退位」の有識者会議が最終報告書
天皇陛下の退位をめぐる政府の有識者会議が開かれ、最終報告書を取りまとめた。
最終報告書では退位後の称号を天皇を「上皇」、皇后を「上皇后」としているほか、退位した天皇と新天皇の間で象徴や権威の二重性が生じることがないよう、上皇は皇位継承資格や摂政、臨時代行就任の資格などを有しないことが明記された。
また、秋篠宮さまの称号について皇位継承順位が第1位であることを明確にするため「皇嗣殿下」などとお呼びすることが考えられるとしていて、秋篠宮さまに支給される皇族費については現在の定額3倍程度への増額が適当としている。
一方、皇族減少対策について「速やかに検討する必要がある」と明記し、政府に議論を深めるよう求めたが「女性宮家」の創設など具体策には触れなかった。
政府は最終報告書を受け、特例法案を策定し今国会での成立を目指す方針。
安倍首相は「国家の基本に関するものであるとともに、長い歴史とこれからの未来にとって重い課題である。
退位を実現する法案の立案を進め、速やかに国会に提出するよう全力を尽くしたいと考えている」と述べた。

04/21(金) NHK総合・東京 【ニュース7】
退位・有識者会議最終報告を安倍首相に提出
天皇陛下の退位などを検討してきた政府の有識者会議は最終報告を取りまとめ安倍首相に提出した。
最終報告には天皇陛下退位後の称号を上皇とするなど退位の制度設計が盛り込まれている。
政府は来週にも天皇陛下の退位を可能とする特例法案の骨子案を各党に示し今の国会の会期中に成立させることを目指す方針。
退位後の称号:天皇陛下は上皇、皇后は上皇皇后とし敬称が両陛下とも陛下とするのが適当だとしている。
生活の予算は内廷費をあてる。
退位後補佐する組織に新たに上皇職を設ける。
退位後のご活動、秋篠宮さまについて。
終わりに最終報告は「天皇陛下の退位後、皇族数の減少への対策が一層先延ばしできない課題になってくる」と指摘。
有識者会議の座長・経団連・今井敬名誉会長の映像。
京都大学・大石眞名誉教授は「一つの方向として評価」、麗澤大学・八木秀次教授は「先例を作ることが皇位の安定性を大きくし害することにつながらないかの懸念は払拭されていない」、前侍従次長・佐藤正宏は「ひとまず安ど」とコメント。
高齢化社会、象徴天皇、憲法、世論調査に言及。

▲画面のトップへ