JCCテレビすべて
話題の記事集 いま政治は
2018年12月19日(水)
最新TV速報
【いま政治は】
提言・あるべき国会論議のカタチ] (9件/週)

12/06 21:46 BSフジ 【プライムニュース】
視聴者からのメールを紹介。
『臨時国会では審議不充分なまま重要法案が成立しそうだが有権者は自公政権への不満が高まっても立憲民主党や国民民主党が政権の受け皿になるとは思っていない。
強い野党が必要だが政界再編はどう進むべきか』。
政治アナリスト・伊藤惇夫「野党再編の話、立憲民主党と国民民主党が手を組むことはありえない、そこが一番問題。
政権与党が緊張感を抱くほどの野党が存在しないと政治の緊張感が失われる」。
時事通信社解説委員長・山田惠資「緊張感をもたせるということに関しては次の衆院選でもっと伯仲させる数を野党が取る事を野党は目指すべき」。
英国について言及。
『日本人が嫌がる3Kの仕事を外国人にやってもらうのは虫のいい話。
移民のハードルを超えられるような優秀な外国人が3Kなどやるのか、その議論がまったくないのが不思議』。
慶應義塾大学教授・元官房副長官・松井孝治「低賃金でしんどい単純労働を外国人にという発想は改めていかなければならない。
慎重に議論してリスペクトして外国人を迎えていかなくてはならない」。
元自民党総務会長・笹川堯「外国人勤労者におもてなしという気持ちがないと良い人が残らない、そうでなくてもお金が欲しいという理由で無理して来ている」。
オリンピック、韓国、台湾、フィリピン、中東について言及。

12/06 21:39 BSフジ 【プライムニュース】
元自民党総務会長・笹川堯「前向に親切に」。
慶應義塾大学教授・元官房副長官・松井孝治「双方向」。
政治アナリスト・伊藤惇夫「より良きものを造り出す場に」。
時事通信社解説委員長・山田惠資「真実に基づき議論を尽くす」。

12/06 21:29 BSフジ 【プライムニュース】
元自民党総務会長・笹川堯「内閣のやることは賛否を問われて賛成や反対することも大事だが作った法律がきっちり運用されているかどうか」。
予算委員会、決算委員会、桜田義孝五輪相、パソコン、インターネット、オリンピックについて言及。
慶應義塾大学教授・元官房副長官・松井孝治「官邸主導を実現したのは平成30年の1つの成果だが安倍一強のような批判も出てくる、それに対する抑止力、チェック機能が国会。
野党のあり方としては与党の批判も大事だが我々ならどうするかということを国会で示していく必要もある。
選挙と選挙の間の国民評価の場が国会、審議にはいらずに駄目だと言っているだけだと国民評価の材料を提供していないことになる」。
政治アナリスト・伊藤惇夫「国会が機能していない、与党側で事前審査が通ったものがもう通ったのと同じになってしまっている。
実際の国会の役割がほとんど果たされていない。
一強多弱にはメリットもあるがデメリットとしては国会の緊張感がなくなっていく。
巨大な空洞になっている気がする」。
時事通信社解説委員長・山田惠資「与党、野党がお互い議論を尽くすというルールを確立することが大事」。
憲法53条、法務委員会、安倍首相、憲法改正について言及。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組