JCCテレビすべて
話題の記事集 いま政治は
2019年10月14日(月)
最新TV速報
【いま政治は】
外務大臣・茂木敏充・これだけは言いたい!] (35件/週)


09/18 23:25 BSジャパン 【NIKKEI 日曜サロン】
日本経済新聞・論説フェロー・芹川洋一が外務大臣・茂木敏充に聞く。
「包容力と力強さを兼ね備えた外交。
世界には様々な価値観がある。
多様性を尊重しながら違いを調整していく。
G7、G20、国連の場でも行っている日本の調整力を発揮していく。
日本がリーダーシップを取り行動していくことで力強さを。
兼ね備えた外交を進める」。

09/18 23:16 BSジャパン 【NIKKEI 日曜サロン】
日本経済新聞・論説フェロー・芹川洋一が外務大臣・茂木敏充に聞く。
トランプ大統領が中国に対し制裁関税を引き上げる動きを強めている。
米国メキシコカナダ協定や改定米韓FTAでも車の数量規制を出している。
日本に対する車の追加関税リスクは「米国通商拡大法232条に基づく高関税をどうするか。
日本から輸出する車に対する数量規制問題がある。
232問題では昨年の共同声明で日米は信頼関係に基づいて交渉を進める。
交渉を行っている間は精神に反する行動はしないと明記。
9月26日の首脳会談では自動車に関して232を適用しないと安倍首相が直接、トランプ大統領に確認している。
数量規制はメキシコ、カナダとのUSMCA、韓国との新KORUS。
こういった自由貿易を歪曲する措置に日本は反対だと米国に伝え理解を頂いている」。
保護主義について「日本は自由貿易体制の旗手として21世紀型の新しいルールを日本が主導していく。
TPP11も日本が主導してまとめた」。
ポピュリズムについて「参議院選挙の結果を見ると、一時のポピュリズムに流されるということよりも安定した政権のもとで日本を前に進めて欲しいとの気持ちが強いと。
ご期待に応えていくことが新内閣の役割」。
インターネット、個人情報、G20大阪サミット、大阪トラック、国会に言及。

09/18 23:07 BSジャパン 【NIKKEI 日曜サロン】
日本経済新聞・論説フェロー・芹川洋一が外務大臣・茂木敏充に聞く。
日米交渉大筋合意の背景について「昨年4月、フロリダの日米首脳会談で決まり、私とライトハイザー通商代表が担当することになった。
9月の国連総会の時の日米首脳会談で交渉を開始すると共同声明。
早期に成果が出る分野に集中して農産品、工業品、デジタル貿易で交渉が始まった。
交渉分野が広がっていたら早期にここまで来ることはなかなか難しかった。
精力的に協議を行った。
日米の信頼関係があること、安倍首相とトランプ大統領の個人的な信頼関係もある。
国益と国益がぶつかる難しい交渉だったが最終的に一致点を見出すことが出来た。
ロシアとの話もそうだが問題を次世代に先送りしないと強い決意を安倍首相とプーチン大統領も共有している。
27回、首脳会談をしている。
しっかり交渉して領土問題を解決し平和条約締結に臨む」。
「(日米貿易交渉で)日本の国益、農業の立場を守れたのではないか。
TPP11が発行しことし2月1日には日EU・EPAが発効した。
経済連携協定で約束した内容が最大限との日本の立場と他国に劣後している状況を解消したい米国の要求が最終的な一致点で合意した。
(自動車分野について)現在作業中なので内容を申し上げにくい。
農産品と工業品含め極めてバランスがとれた内容になっている」。
米国大統領選挙、自民党、オーストラリアに言及。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組