JCCテレビすべて
話題の記事集 いま海外は
2020年10月24日(土)
最新TV速報
【いま海外は】
菅首相・元“徴用工”問題譲歩しない姿勢] (6件/週)

09/24 23:42 日本テレビ 【news zero】
菅総理大臣は就任後初めて韓国の文在寅大統領と電話で会談し、徴用工問題などで厳しい状況にある両国関係をそのまま放置してはならないと伝えた。
会談後、菅総理は今後とも韓国に適切な対応を強く求めていきたいと強調した。
また、会談の中でも菅総理は健全な関係に戻すきっかけを韓国側が作るよう求め、この問題で譲歩しない姿勢をはっきり示した。
これに対して韓国側は電話会談の映像を公開するという異例の対応をとっていて会談への前向きな姿勢がうかがえた。
実際、文大統領も会談で問題解決に向けた努力を新たな心構えで加速していこうと対話に前向きな姿勢を示した。
韓国国内では今、日韓関係を改善したいという期待感があり、文在寅大統領としても今支持率が低迷しているだけにその世論を無視できない状況がある。
そこで日本としては「譲らないところは譲らない」という基本的な外交ラインをしっかりと伝えて現実的な解決に導いていこうということのよう。
これに対して韓国側は戸惑った様子もあったというが、前向きな姿勢は崩していない。
あすは中国の習近平国家主席との電話会談が予定されているが、ここでも日本の立場をしっかりと打ち出すということが検討されているよう。
首相官邸の映像。

09/24 21:58 テレビ朝日 【報道ステーション】
韓国・文大統領との電話会談は韓国側からの申し出で約20分間行われた。
太平洋戦争中の元徴用工を巡る問題などで日韓関係が冷え込んでいることを踏まえ厳しい両国関係を放置できないと伝えたとのこと。
課題が山積する日韓関係の改善は韓国側にかかっているとの姿勢を示した。
韓国大統領府によると文大統領から解決策を一緒に探していくことを願うと話をしたとのこと。
菅首相のコメント。
連合ニュースのコメント紹介。
ソウル、総理官邸の映像。

09/24 21:34 BSフジ 【プライムニュース】
今日の日韓首脳電話会談の後、日本側のブリーフにおいては日中韓サミットについては発言はあったが詳細は控えるという発表。
韓国側の発表では関連した話はなかったという表現もある。
日中韓サミットに日本はどういう姿勢で臨むべきか。
産経新聞ソウル駐在客員論説委員・黒田勝弘「国際会議で日本は積極的に対応する必要がある。
拒否する必要はない」(韓国・ソウルから中継リモート出演)。
徴用工問題について言及。
恵泉女学園大学大学院教授・李泳采「米国大統領選が終わり、韓国にとっては習近平主席の訪韓が優先状況。
菅首相とも会談ができるなら韓国にとっては非常に良い」。
コロナ、支持率について言及。
自民党政調会長代理・元総務相・新藤義孝「色々な変動要素がある。
最大の要素はコロナ。
文政権が目指す方針をもう一度見直してあるべき姿は何か、国家として歩む道はどの方向なんだということを考えて頂きたい。
文政権がそこに目を向けてくれるまでは我々はこの姿勢は崩せない」。
差し押さえた資産の売却凍結ないしは「しない」という確約なしに菅首相が韓国に行って日韓首脳会談に臨むべきではないという意見について。
自民党政調会長代理・元総務相・新藤義孝「そこをないがしろにして玉虫色の、打開するために何かやりましょうというのは選択しづらい問題ではないか」。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組