JCCテレビすべて
話題の記事集 いま海外は
2018年06月23日(土)
最新TV速報
【いま海外は】
ECB金融緩和の出口へ・国債買い入れ12月に終了] (2件/週)

06/14 23:39 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
今週は世界の中央銀行の政策決定会合ウィーク。
昨日はFOMCが利上げを発表。
日銀も今日から金融政策決定会合。
ECBも定例理事会を開いて、年内の政策を発表する。
(中継)米国ニューヨーク。
ECBは国債買い入れ額を10月から減らし、12月に量的緩和を終了すると発表。
今回ECBでは量的緩和の終了について議論するのではないかと注目されていた。
FOMCでは市場で想定されていた通り主要政策金利を0.25%引き上げた。
また、3月の会合時点で、今年3回としていた利上げ見通しを4回に変更。
声明文で、経済が堅調に拡大していると景気の表現を強めたほか、今年の成長率の見通しをプラス2.8%に上方修正。
強い米国経済を背景に、FRBは利上げペースを従来より加速させるとしている。
英国の中央銀行・イングランド銀行も、すでに利上げに踏み切っていて、世界の主要な中央銀行の中で、日銀だけが金融緩和を続ける状況ECB・ドラギ総裁のコメント。
ラトビアの映像。

06/14 22:00 BSジャパン 【日経プラス10】
ECBがラトビア・リガで理事会を開き、量的緩和政策の年内打ち切りを決めた。
国債買い入れについて、10月以降は半減して毎月150億ユーロとし、年末にはゼロにする方針。
ユーロ圏経済は総じて成長が続き、物価を押し上げ、デフレリスクが消えたと判断して金融の引き締めに転じる。
今後はいつ利上げに踏み切るかが焦点となる。
日本経済新聞・鈴木亮編集委員は「ドラギ総裁が勝負に出た。
景気は減速感がある状態なので、先行きに自信があるのでは。
イタリアとスペインの政局不安は遠のいた。
基本的には、ドイツを中心に賃金が上がり始めているので、物価上昇率2%は射程に入ってくるというのがドラギ総裁の見立てだ」とスタジオコメント。
ドラギECB総裁会見の映像。
米国に言及。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組