JCCテレビすべて
話題の記事集 いま海外は
2017年04月29日(土)
最新TV速報
     
【いま海外は】
高まる緊張・北朝鮮めぐり国際社会の対応は] (849件/週)


04/21(金) NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
北朝鮮めぐり高まる緊張・国内では備える動きも
西武のウェブサイトの閲覧件数が急増。
内閣官房国民保護ポータルサイトではン弾道ミサイルにより攻撃された際の避難手順などを紹介。
北朝鮮が軍事パレードを行った今月15日には先月1か月間を上回る45万件余のアクセスがあった。
政府は都道府県の危機管理の対象を背景に臨時の説明会を開催。
弾道ミサイルが落下した際の住民がとるべき行動として、屋外では頑丈な建物や地下街などに避難するか、物陰に身を隠すこと。
屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなどと説明。
総務省消防庁の担当者は、弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力して早期に実施するよう要請。
東京・千代田区・政府の臨時説明会の映像。

04/21(金) NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
北朝鮮めぐり高まる緊張・圧力強める米国
米国の空母艦隊は朝鮮半島に向け航行中。
来週前半にも日本海に入る見通し。
この動きに合わせて海上自衛隊の護衛艦2隻が、長崎・佐世保基地を出港。
空母と合流し共同訓練を行うことが検討されている。
日米の連携体制を見せることで北朝鮮をけん制する狙いがあるとみられる。
国連安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を非難する声明を全会一致で発表。
今年に入って5回目。
草案を作成した米国は当初過去4回の声明にあった「対話を通じて」との部分を削除。
北朝鮮の友好国・ロシアからの異議で最終的には付け加えたが、北朝鮮に断固として対応する姿勢を強調した。
米国の狙いについて海上自衛隊元海将・香田洋二は「抑止で戦闘が始まる前に事態を収めたい。
一喜一憂せず冷静にという事だと思う」と述べた。
さみだれ、あしがら、米国・トランプ大統領、北朝鮮・キムジョンウン朝鮮労働党委員長の映像。
核実験について記載有り。

04/21(金) BSフジ 【プライムニュース】
<FLASH>安全保障理事会・“北”への非難声明採択
国連安全保障理事会は20日、ロシアの反対で調整が難航していた北朝鮮のミサイル発射に対する非難声明を全会一致で採択。
報道声明では北朝鮮が挑発を続ければ「制裁を含むさらなる重大な措置」をとると警告し、北朝鮮がこれ以上核実験を行わないよう求めている。
声明をめぐっては当初、米国とロシアが対立していたが、平和的解決を促す文脈の中で「対話を通じて」との文言をロシアの要求に従って加えたことで米国が配慮した形。
米国・ヘイリー国連大使は「これ以上、核実験やミサイル発射を見たくない。
さらに制裁が必要なら行動に移す」と述べた。
国連安保理(ニューヨーク)の映像。

▲画面のトップへ