JCCテレビすべて
話題の記事集 いま経済は
2017年04月29日(土)
最新TV速報
     
【いま経済は】
客殺到・コンビニが宅配サービス・団地高齢者をお助け] (11件/週)

04/21(金) テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
<新着・いま何が?>客殺到・コンビニが宅配サービス・団地高齢者をお助け
東京都東村山市のUR都市開発機構が展開する団地で住民向けに特化したコンビニ店がオープン。
野菜やコメ、洗剤やトイレットペーパーなどの日用雑貨など、品揃えも豊富。
弁当などの宅配サービスも行う。
URの全国1664の団地では買い物弱者などの問題が深刻化。
大手コンビニ4社と提携し、約100の団地の空き店舗にコンビニ出店を進める計画。
今後は水道トラブルや電球交換など住民サービスにも対応していく考え。
一般人のコメント。
セブンイレブンの映像。

04/21(金) TBSテレビ 【Nスタ】
<6:45NEWS>アマゾンが生鮮宅配に参入・コンビニと競争…便利に?
アマゾンジャパンが始めた「Amazonフレッシュ」は生鮮食品約1万7000点以上、最短では注文した4時間後に受け取ることができる。
深夜0時まで時間帯指定可能、ヤマト運輸など大手の宅配業者は使わず自前のネットワークで配達。
サービスは年会費を払っている有料会員向けで、追加で月額500円がかかるほか、配送料も500円かかる。
対象は都内の一部地域のみだが、順次拡大する方針。
コンビニも消費者に近づく戦略を加速。
川崎市、牛乳、セブンイレブン、ローソンの映像。
トマトに言及。

04/21(金) TBSテレビ 【Nスタ】
<Nスタ4>開始・アマゾンが“生鮮”に参入・深夜も配送・競争激化
ネット通販大手「アマゾンジャパン」は、野菜や鮮魚などの生鮮食品を届けるサービスをきょうから開始した。
アマゾンジャパンが始めた「Amazonフレッシュ」は、これまで扱っていなかった肉や魚、野菜など、約1万7000点を揃えた。
午前8時から深夜0時までの間で、2時間ごとの時間帯を指定することができ、最短では注文した4時間後に受け取ることができる。
サービスは年会費を払っている有料会員向けのもので、利用するには月額500円が必要のほか、配送料も500円かかる。
現在の対象エリアは港区や江東区など都内6区域に限られるが、順次拡大する方針で、ネットスーパーやコンビニの宅配も広がるなか、今後競争が激しくなる要素になるとみられる。
映像提供:アマゾン。

▲画面のトップへ