JCCテレビすべて
話題の記事集 いま経済は
2017年11月24日(金)
最新TV速報
     
【いま経済は】
驚きの“次世代蓄電池”に必要…バナジウムを生む技術とは?] (2件/週)

11/14 23:26 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
バナジウム電解液をどうやって安く作るのか、茨城県つくば市にある研究施設・LEシステムつくば事業所を訪ねる。
バナジウムは石油や石炭などの天然資源にわずかに含まれている。
そのため、石油を燃料としている火力発電所から出るススにも含まれる。
100トンのススから約2トン精製可能。
廃棄されるはずのススを活用するため、バナジウム電解液の製造コストは従来の半分ほどになる。
LEシステムつくば事業所・古川英樹所長は「再来年度くらいを目標に、年間1万立方mの(電解液)生産をできるようにしたい」と話す。
LEシステムは、今回得た資金で量産化に向けた設備投資を進める。
LEシステム・佐藤純一社長は「2年後に50億円の売り上げ計画を予定している。
世界のレドックスフロー電池メーカーが安い電解液を求めている。
生産さえすれば、売り先には困らないと思っている」と話す。
LEシステムはバナジウム電解液を作る工場を福島県・浪江町に造る計画。
レアメタル、原発事故に言及。

11/14 23:24 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
産業革新機構はベンチャーキャピタルなどと福岡県発のベンチャー・LEシステムに総額5億8000万円を出資すると発表した。
2011年創業のLEシステムは大型の蓄電池・レドックスフロー電池向けのバナジウム電解液を製造する企業。
レドックスフロー電池は他の蓄電池と比べ発火の危険性がなく寿命の長さが特徴で、太陽光や風力など大容量の電気を保存する次世代の蓄電池として実用化が進んでいる。
ただレアメタルのバナジウムを使うため原料コストが高いのがネックだった。
そこでLEシステムは廃棄物からバナジウムを抽出する独自技術を確立した。
LEシステム・佐藤純一社長、産業革新機構・渡邉哲也専務のコメント。
住友電工提供の映像。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組