JCCテレビすべて
話題の記事集 いま経済は
2018年11月14日(水)
最新TV速報
【いま経済は】
ドル「独り勝ち」強まる] (5件/週)

11/09 07:40 BSジャパン 【日経モーニングプラス】
ドルの実力を示す名目実行レートがプラザ合意(1985年)以来、33年ぶりの高値。
米国経済の強さ。
FRBが12月に利上げを示唆。
トランプ減税の効果が大きい。
トランプ大統領は会見で日本の貿易赤字を問題視する発言が出た。
原油相場が下げ止まらない。
グローバルな景気が曲がり角にきたのではないか。
原油相場安はインフレ期待の低下、米国の長期金利の低下につながるのがセオリーだが、米国の長期金利は上がっている。
米国国債利回り(2年債利回り、10年債利回り)。
中間選挙が終わり、ねじれ議会になっても財政拡張路線は続くとの見方が出ている。
ドル高に言及。

11/09 07:21 BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
大和証券キャピタルマーケッツアメリカ・大宮弘幸の解説。
金融株などが買われダウ平均は小幅に続伸。
イタリアの財政赤字がEU規則の上限を上回る可能性が伝えられイタリア市場が下落しニューヨーク市場も反落して取引開始。
午後にはFOMC声明で政策金利は据え置かれたものの漸進的な追加利上げ実施の姿勢が維持されたことで一時100ドル近く下落する場面。
前日に続き管理医療のユナイテッドヘルスが続伸したほか2年債利回りの上昇を受けてJPモルガンチェースなど金融株が買われダウ平均は再びプラス。
ドルは主要通貨や新興国通貨に対し強含み。
114円付近に円安ドル高が進んだ。
年末商戦に向け個人消費に注目。
ミシガン大学消費者信頼感指数、10月の小売売上高が発表。
米中貿易摩擦の懸念が続く中、個人消費の好調が続くのか注目される。

11/09 05:45 テレビ東京 【Newsモーニング・サテライト】
FOMC声明文で政策金利が据え置き。
ダウ、ナスダック、S&P500、為替:ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル。
為替の動きが株価の材料になっている。
FOMC声明文発表後にダウはやや下げ幅を拡大。
ドル高に伴い原油高が進んだことでエネルギー株を中心に下げている。
「米国10年債利回り」:今後の利上げペースに対する見方に大きな変化はなく、金利水準もさほど変わっていない。
金利:米国10年国債、米国2年国債。
最も反応が大きいのが為替相場。
ドル指数が大きく上昇ドル高が進んだ。
「ドル指数」:FOMC消化直後からドルが買われているよう。
中間選挙に言及。
(中継)米国・ニューヨーク。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組