JCCテレビすべて
話題の記事集 いま経済は
2021年10月17日(日)
最新TV速報
【いま経済は】
日経平均3万円割れ・恒大不安で] (71件/週)

09/22 05:15 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
きのう日経平均株価が一時、3万円台の大台を割り込んだ。
その背景にあるのが、中国・大手不動産会社「恒大集団」の経営危機。
不動産開発だけでなく、近年は、遊園地などのレジャー産業に乗り出したり、電気自動車の開発会社を買収したり、ミネラルウォーターを売ってみたりと、金融機関から巨額の借り入れを行い、経営の多角化を進めていた。
負債額は33兆円相当。
恒大集団の経営、創業者・許家印のメールを紹介。
スタジアム、リーマンショックに言及。
中国・深セン、北京、広州、中国SNSの映像。
BNPパリバ証券・チーフクレジットストラテジスト・中空麻奈のコメント。

09/22 00:55 TBSテレビ 【ビジネス・クリック】
(中継)REUTERS NY。
中国の不動産大手の債務不履行問題について言及。
ダウ平均148ドル高、ナスダック99ポイント高。
FOMC、急落、量的緩和に言及あり。
FRBは日本時間の23日午前3時にFOMC声明とパウエル議長の会見を発表する予定。
1ドル109円33銭、日経平均先物2万9860円。

09/21 22:53 BS1 【BSニュース】
世界各地で株価の値下がりが相次いだ。
香港ではきのう代表的な株価指数・ハンセン指数の終値が先週末に比べて3.3%下落し、今年の最安値になった。
ヨーロッパの主な株式市場では20日、それぞれ先週末と比べてフランクフルト市場で約2.3%、パリ市場で約1.7%、ロンドン市場で約0.8%の値下がり。
ニューヨークでも20日、ダウ平均株価が一時取り引き時間中では今年最大の下落幅となる970ドル余下がった。
連休明けの日本では日経平均株価の終値が先週末より600円以上値下がりし、2週間ぶりに3万円を下回った。
発端となったのは不動産業で中国国内2位の「恒大グループ」。
1996年に創業し、積極的な投資によるマンション開発などで急成長。
プロサッカークラブの運営やEV(電気自動車)事業など不動産以外にも事業を拡大。
150万平方メートルの広大な土地で進められていた高層マンションなどの建設の作業は1か月近く停止。
融資や社債発行などで事業を拡大し続けてきた結果、恒大グループの負債総額は日本円で33兆円規模にまで膨れ上がった。
さらに、中国政府が不動産市場の過熱を警戒して規制強化を進めたことで、資金繰りへの懸念が広がるようになった。
今月半ばには金融商品の償還を求めて個人投資家が本社に押し寄せる騒動も起きている。
恒大グループは資産売却を進めて財務改善を急ぐ方針だが、今のところ想定どおりには進んでいない。
あさって以降、巨額の利払いの支払期限が迫っている。
市場関係者は「投資家は社債の利払い期限や中国当局の対応を注視している」と話している。
保安担当者のコメント。
ニューヨーク証券取引所、東京証券取引所、広東省広州、深センの映像。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組