JCCテレビすべて
話題の記事集 いま経済は
2017年05月23日(火)
最新TV速報
     
【いま経済は】
自動運転で宅配目指す・神奈川県で実験進む] (3件/週)

05/20 16:01 BSジャパン 【驚き!物流の未来~人手不足を救う最新システム~】
ネット通販拡大・物流が変わる
今、買い物に変化が起きている。
インターネット通販の利用率は年々上昇。
ネット通販大手のアマゾンはスピード化を狙い、新しい倉庫をオープン。
倉庫内ではロボット・アマゾンロボティクスが自動で走っている。
作業の効率化でスピード配送を実現。
アマゾンプライムナウは日用品、食料などを最短1時間以内で届ける即日配送サービス。
ドライバーだでけなく、倉庫の中で働く作業員の人手不足も深刻な問題。
相模原IDCの作業の流れを紹介。
自動倉庫は荷物の出し入れをコンピューター制御で自動で行う。
取扱荷物量が3倍に増加(医療、雑貨、医薬品、日用品など)。
人手不足の解消に向け、自動化は進んでいくと専門家は分析する。
グラフ・世帯ごとのネットショッピング利用率の推移、ネットショッピングの年代別利用率(総務省)、宅配便取扱個数の推移(国土交通省)、アルバイトパート募集時平均時給・倉庫内作業(リクルートホールディングス)。
月刊ロジスティクスビジネス・大矢昌浩編集発行人、伊藤忠食品ロジスティクス本部ロジスティクス統括部・神山浩ニ部長のコメント。
東京・有楽町、アマゾン・川崎FC、神奈川・川崎市、相模原IDC(神奈川・相模原市)の映像。
アマゾン、BtoB、BtoCに言及。

▲画面のトップへ