JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2017年02月24日(金)
最新TV速報
     
【気になる出来事】
がん治療のパラダイムシフト“がん免疫薬”とは?] (1件/週)

02/17(金) BSジャパン 【日経プラス10】
<トーク+>がん治療のパラダイムシフト“がん免疫薬”とは?
ゲストは慶応義塾大学医学部・日本がん免疫学会理事長・河上裕教授。
キイトルーダ、オプジーボなどがん免疫薬について河上教授は「新しいタイプの免疫療法というもの。
私も抗がん剤をたくさん使っていたがなかなか効かなかったが、新しい免疫を活性化する薬は非常にブレイクスルーだと思う。
昔は免疫療法というと効くか効かないか胡散臭いと言われていたが今は効くことがわかってきたので、免疫療法の学会の会場は満杯の状態」とスタジオコメント。
中外製薬:きょう免疫チェックポイント阻害剤“アテゾリズマブ”の製造販売承認を申請。
オプジーボ:メラノーマ(悪性黒色腫)、非小細胞肺がん、ホジキンリンパ腫、腎細胞がん。
キイトルーダ:メラノーマ(悪性黒色腫)、非小細胞肺がん。
河上教授は「これは日本で承認されただけなので、臨床試験では色々ながんに効くことがわかってきたのでこれからだんだん承認される方向になる。
保険適用にもなっている」と解説。
今までのがん治療との違い:手術、抗がん剤、放射線は働きかける対象が、がん細胞自体。
がん免疫薬は働きかける対象が免疫細胞。

▲画面のトップへ