JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2019年12月11日(水)
最新TV速報
【気になる出来事】
陛下・一世に一度の儀式・大嘗宮の儀始まる] (27件/週)



11/14 18:20 日本テレビ 【news every.】
収穫され、先月、大嘗宮に納められた375キロの米。
しかし供えられるのは、米とあわだけではない。
イカ、タイ、アワビなどの生魚に、干したアジやアワビ、さらに干したナツメ、これらも陛下がピンセット状の箸でつまんで取り分けられる。
国学院大學・博物館・笹生衛館長が解説。

11/14 18:16 日本テレビ 【news every.】
大嘗祭の歴史を研究している、國學院大學博物館の笹生衛館長を訪ねた。
現代の大嘗宮も、江戸時代とほぼ同じ構造、その内部を記した江戸時代の記録文書があった。
天皇が儀式に臨む部屋は、奥の間である内陣。
その部屋の中央には、寝座と呼ばれる寝具が敷かれ、靴も置かれている。
寝座の横に記されているのが、天皇の座る御座。
その前に、お供えをする神座が置かれ、天皇は京都から見て伊勢神宮の方向を向いて座っていた。
こうした配置は、現代の大嘗祭でも受け継がれている。
取材によると、大嘗宮の内陣の中央には寝座、つまり神様のための寝具が敷かれていて、部屋の中に入った天皇陛下は、その寝座を避けるように歩いて、その横の御座に座られる。
そして伊勢神宮の方向、つまり南西の方角を向かれる。
では、神々へのお供えはどのように行われるのだろうか。
天皇は窪手という四角い容器に入れられた米とあわを、皿のような枚手に取り分けていく。
そのときに使われる道具が竹を曲げて作られたピンセット状の箸。
大嘗祭で神々にささげられる最も重要なお米、その選定は、半年前の斎田点定の儀という亀の甲羅をあぶる占いからスタートした。
その後、栃木県高根沢町と京都府南丹市にある田んぼが、大嘗祭で供えられる米の産地に決まった。

11/14 18:15 日本テレビ 【news every.】
天皇が一代に一度だけ臨む重要な儀式、大嘗祭がまもなく行われる。
大嘗宮と呼ばれる建物で夜通し行われる儀式は、秘儀とされている。
何が行われるのか、その舞台裏を取材した。
29年前に行われた平成の大嘗祭の映像、夕闇の中、真っ白な装束、御祭服に身を包まれた上皇さまが、歴代天皇に伝わる剣と勾玉を持った侍従らに先導されて進んでこられる。
続いて、白い十二ひとえ、帛御服をまとわれた上皇后さまも。
新しく即位した天皇が、一代に一度だけ行う大嘗祭、その年に収穫された米などを、天照大神と神々に供えて、みずからも食べ、国と国民の安寧と五穀豊じょうを祈られる。
まもなく午後6時半ごろから始まる大嘗祭の中心儀式、大嘗宮の儀。
しかし建物の内部は公開されず、謎のベールに包まれている。
天皇陛下はこのあと、一体どのような儀式に臨まれるのだろうか。
皇居・正門の映像。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組