JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2019年12月13日(金)
最新TV速報
【気になる出来事】
横田めぐみ・あす42年] (8件/週)

11/14 18:14 テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
1977年11月15日、横田めぐみは新潟市で中学校からの帰り道、自宅に着く直前に北朝鮮に拉致された。
きょう87歳の誕生日を迎えた父・滋は体調が優れない状態が続いている。
横田めぐみの母・横田早紀江は「42年は言うのも腹が立つほど長い年月だ」と語った。
1983年に拉致された有本恵子の母・嘉代子も93歳となり、自宅で療養を続けている。
川崎市の映像。

11/14 16:47 日本テレビ 【news every.】
元工作員は韓国で死刑判決を受けたあと、北朝鮮への融和政策で恩赦を受け釈放され、9か月間、ソウル郊外で生活していた。
北朝鮮へ送還された元工作員は、祖国では英雄扱いされ盛大に迎えられた。
その後、北朝鮮が日本人拉致を認めたのを機に、日本の警察は元工作員を国際手配したが、いまだに逮捕できないまま。
横田めぐみが拉致されて42年。
しかし、北朝鮮を巡る国際情勢が目まぐるしく変わる中、日本と北朝鮮の間に動きが見られないのが現状。
めぐみの父・横田滋は1年半前から入院しているが、娘の帰りを信じて待ち続けている。
事件を担当した元捜査員、めぐみの母・横田早紀江のコメント。
米朝首脳会談の映像。

11/14 16:44 日本テレビ 【news every.】
横田めぐみの拉致から42年。
捜査に携わった元捜査員が、当時の状況についてカメラの前で初めて語った。
捜査のきっかけは、めぐみ拉致から8年後の1985年、韓国がスパイ容疑で元工作員を逮捕したことだった。
この時の取り調べで、元工作員は「原敕晁を拉致した」と供述した。
原は大阪の中華料理店に勤めていたが、独身であることなどから元工作員らに目をつけられ、架空の仕事を斡旋するとだまされて宮崎・青島海岸まで誘い出された。
その後、元工作員は原になりすまし活動していた。
3年後に交付された免許証には名前の欄に原敕晁とあるが、写真は元工作員のものが使われている。
当時、原はどのように拉致されたのか。
元捜査員は逮捕に向けた裏付け捜査をした。
雑草が生い茂る敷地には、かつて元工作員が原と一緒に食事をしたホテルがあった。
ホテルのすぐ裏手には原が連れ出された海岸があった。
元工作員は「会社の社長に会わせる」とウソをつき、原をゴムボートに乗せて連れ出したと供述している。
捜査によって原拉致の実態が徐々に明らかになったが、結局、元工作員を逮捕することはできなかった。
決定的な証拠を見つけることができず、逮捕状の請求を断念することになった。
事件を担当した元捜査員のコメント。
Google Earth。
宮崎市の映像。
北朝鮮に言及。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組