JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2019年12月11日(水)
最新TV速報
【気になる出来事】
中高生の五輪ボランティア・“強制?”“任意?”] (3件/週)

11/13 21:24 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
東京都教育委員会が公立中学校と高校に配付した資料では、中高生ボランティア体験の希望者を募っている。
大会期間中に、1日3時間~4時間ほど街なかで観光案内などを行うというもの。
募集人数は、中学2年生~高校3年生までの約6000人を想定。
都市ボランティアと、ほぼ同じ役割に位置づけられる。
教育委員会は、あくまで任意の参加と説明。
しかし都内の公立中学校の教員は、実際は生徒5人、引率の教員1人と、具体的な人数が学校ごとに割りふられ、半ば強制的に参加を求められていると話す。
SNS上には批判や戸惑いの書き込み。
これに対して都教育委員会は「現場には強制的なものではないと再三にわたって説明している」としてる。
東京大学大学院・仁平典宏准教授は「ボランティアが上からやらされてやるものという記憶、知識となって大人になってしまう。
一番警戒しなくてはいけない」と述べた。
ツイッターよりの映像。

11/13 21:21 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
きょうから東京五輪観戦チケットの抽せん販売2回目の申し込みが始まった。
大会への機運がいよいよ高まってきたが、大会運営に欠かせないボランティアの募集で首をかしげたくなるような事態が発生。
東京都内で行われた大会ボランティアの研修では、五輪の歴史、もてなしの心構えを学んだ参加者たちに大会への意気込みを聞いた。
参加者の自発的な活動であるボランティア。
国際大会には欠かせない存在で、ラグビーワールドカップでも各地で活躍。
東京五輪パラリンピックで活動するのは、組織委員会が募集し競技会場や選手村の案内などをする大会ボランティアが8万人、東京都では会場周辺や駅、空港で観光案内などを手伝う都市ボランティアとして3万人が活動することになっている。
これらとは別のボランティアを巡って、驚くべき事態が発生。
東京・渋谷区、神戸市中央区の映像。

11/13 16:58 日本テレビ 【news every.】
五輪チケットの二次抽選の申し込みが始まった。
申し込み受け付けは、インターネットの公式サイトで今月26日まで。
日本在住の人が対象で、結果発表は来月18日。
札幌で行われることになったマラソンは、今回のチケットの売り出しが見送られた。
マラソンに関してはコースも決まっていない。
大会関係者によると、東京五輪のマラソンは北海道マラソンをベースに調整が進んでいて、札幌市中心部で約21キロの周回コースを2周する案が有力視されているという。
周回コースにすることで、警備やボランティアを効率的に配置でき、経費の削減が可能だという。
この案などは、来週開かれる予定の実務者会議で話し合われる見通し。
東京・港区、中央区、大通公園、北海道マラソン、北海道札幌市の映像。
ラグビー、閉会式に言及。
女子ホッケー・瀬川真帆、東京五輪男子マラソン代表内定・中村匠吾のコメント。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組