JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2017年01月24日(火)
最新TV速報
     
【気になる出来事】
事故前に感じた「違和感」・数々の法令違反が背景に] (4件/週)

01/12(木) 日本テレビ 【news every.】
事故前に感じた「違和感」・数々の法令違反が背景に
長野・軽井沢町の碓氷バイパスで去年起きたスキーバス事故。
去年1月長野・軽井沢のスキー場へ向かっていた貸切バスが軽井沢町の峠でガードレールに衝突し崖の下に転落しバスは大破し乗客乗員41人のうち15人が死亡した。
犠牲者のうち13人は19歳から22歳の大学生だった。
このスキーバス事故を完全再現。
安いツアー料金、不適切なアナウンス、交代しない運転手の違和感。
実際の監視カメラ映像(提供:国土交通省)。
事故原因は運転操作のミスとみられている。
学生たちが感じていた違和感はバス会社の法令違反。
安いツアー料金はバス会社が最低運賃よりも安く仕事を請け負っていた。
不適切なアナウンスは運転手に乗客のシートベルト着用を呼びかける教育はしていなかった。
交代しない運転手は死亡した運転手の2人が独断で変更し会社へ許可を取っていなかった。
ツアーに参加した107人に聞いたところおよそ7割が値段の安さで選びほとんどの参加者がバス会社名を知らなかった。
東京・新宿区の映像。
警察は事故の背景にはバス会社のずさんな管理体制があったとみていてバス会社幹部の業務上過失致死傷の立件に向け詰めの捜査を行っている。
バス会社、スキーバス事故について諏訪中央病院名誉院長・鎌田實のスタジオコメント。
LINE、消費者に言及。

01/12(木) 日本テレビ 【news every.】
バス事故を「完全再現」車内で何が…乗客感じた「違和感」
長野・軽井沢町の碓氷バイパスで去年起きたスキーバス事故。
去年1月長野・軽井沢のスキー場へ向かっていた貸切バスが軽井沢町の峠でガードレールに衝突し崖の下に転落しバスは大破し乗客乗員41人のうち15人が死亡した。
犠牲者のうち13人は19歳から22歳の大学生だった。
ゼミや部活の仲間たちとこのツアーに参加し中には就職が決まっている大学4年生もいた。
Facebookより。
このスキーバス事故を完全再現。
LINE。
交代要員として運転手は2人乗っていた。
シートベルト着用の呼びかけはなかったという。
埼玉・上里SA。
安いツアー料金、不適切なアナウンス、交代しない運転手の違和感。
群馬・藤岡インターチェンジ。
Google earth。
関越自動車道、上信越道に言及。

01/11(水) 日本テレビ 【NEWSZERO】
“完全再現”軽井沢バス事故・新証言…乗客の「違和感」
去年1月15日、長野・軽井沢町で起きたスキーツアーバスの転落事故からまもなく1年。
番組は生き残った乗客らの新たな証言を基にバスで何があったのかを忠実に再現した。
乗客たちは事故が起きる前からいくつもの違和感を覚えていた。
午前2時前、急カーブが続く難所・碓氷バイパスの坂を下るバスは大きく傾きセンターラインを大きくはみ出した。
運転手の男性にはどうすることもできなかった。
1月15日午前1時55分乗客乗員41人を乗せたバスはガードレールを突き破り崖下へ。
100キロ近いスピードが出ていたとみられている。
13人もの大学生が命を落とした。
事故の前乗客たちが覚えたいくつもの違和感はバス会社のずさんな管理体制から生まれたものだった。
バス会社は法令の最低運賃よりも安くツアー会社から仕事を請け負っていた。
さらにバス会社ではシートベルトの着用を促す教育を運転手に一切していなかった。
休憩場所での交代をやめたのは死亡した2人の運転手の独断だった。
勝手なルートの変更や運転手の名前とは違うネームプレートなど、事故後に発覚した法令違反は33にのぼった。
事故からまもなく1年。
現場となった長野・軽井沢町には真新しいガードレールが設置されていた。
生き残った大学生の男性は「もう二度とこういった事故を起こさないためにも規制の強化を徹底することを強く望みます」と訴えた。
提供:国交省。
Facebook。

▲画面のトップへ