JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2019年10月18日(金)
最新TV速報
【気になる出来事】
イランの関与主張・イランは否定・それぞれの思惑は?] (13件/週)


09/18 12:27 BS1 【ワールドニュース】
サウジアラビア石油関連施設への大規模攻撃について、真相解明が進んでいる米国の捜査チームが現地入り。
捜査状況をリポート。
ドローンと巡航ミサイルの残骸が物証として押収され、サウジのSNSに投稿されたミサイルの写真も証拠としている。
政府高官によると、イランが関与したと思われる。
トランプ大統領は「戦争は望まない」と発言。
イランの最高指導者は「米国と交渉する気はない」と述べた。
トランプ政権がイラン核合意から離脱して以来、これまで以上に攻撃が増え、イランは再び核の能力を高めようとしている。
米国の国務長官が、今回の攻撃を受けサウジにどのように対応するのか調整する。

09/18 12:07 NHK総合・東京 【NHKニュース】
サウジアラビア東部の主要な石油関連施設などが攻撃を受けたことについてサウジアラビアと米国はイランの関与を示唆しているがイランは否定している。
こうした中、米国のポンペイオ国務長官は今後の対応を話し合うため、先ほど専用機でサウジアラビアに向かった。
国務省によるとサウジアラビアではムハンマド皇太子と会談するほか、(UAEアラブ首長国連邦)も訪れるということでイランへの対抗措置を調整するとしている。
またトランプ大統領は記者団に国連総会に合わせてイランのロウハニ大統領と会談する可能性について聞かれたのに対し、「可能性は排除はしないが、会わないほうがよい」と述べ否定的な考えを示した。
一方、サウジアラビアのエネルギー相は17日、「石油関連施設の復旧作業などを進めた結果、原油の供給量が攻撃前の水準に戻った」と明らかにしたうえで、「今月中には施設の復旧を終え、生産能力もほぼ回復する」との見通しを示した。
米国・ワシントン近郊の映像。

09/18 10:51 TBSテレビ 【ひるおび!】
サウジアラビアの国営石油施設2か所が無人機による攻撃を受け炎上した。
米国・トランプ大統領はイランが関与しているとの見方を示した。
トランプ大統領はさらなる分析が必要だとし、ポンペオ国務長官らをサウジに派遣し、対応協議すると述べた。
一方、関与が疑われているイラン・ロウハニ大統領は「イエメンの人々は自衛権を行使している。
攻撃はイエメンの武装組織“フーシ派”によるもの」と主張し、自国の関与を否定した。
サウジアラビアは国内の原油生産の約半分が停止し、世界経済に大きな影響が出るとみられている。
菅原一秀経産相は「国民生活や経済に影響が出ないように取り組んでいきたい」としている。
米国・ワシントン、サウジアラビア・アブカイク、トルコ・アンカラの映像。
資料:サウジアラムコ石油精製施設。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組