JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2019年09月16日(月)
最新TV速報
【気になる出来事】
柏崎刈羽原発の廃炉計画・6・7号機再稼働後に1基以上を想定] (7件/週)

08/26 12:02 NHK総合・東京 【NHKニュース】
東京電力・柏崎刈羽原子力発電所は、福島第一原発事故のあと1~7号機のすべてが止まっているが、このうちの6号機と7号機について東京電力は、福島第一原発の廃炉や除染などの費用を担う必要があるなどとして再稼働を目指している。
きょうは東京電力・小早川智明社長が、柏崎市・桜井雅浩市長に柏崎刈羽原発の今後の運用方針について説明した。
小早川社長は、原発の6号機と7号機の再稼働を目指して安全対策の工事を進める一方で、洋上風力など再生可能エネルギーの活用も検討しているものの、現時点で事業の見通しは得られていないと述べた。
しかし、こうした事業を通じた電源の確保が見通せる状況となった場合には、6号機と7号機が実際に再稼働してから5年以内に、1~5号機のうち1基以上の原発について、廃炉も想定したステップに入るとしている。
東京電力が柏崎刈羽原発の廃炉に言及するのは初めてのこと。
この説明に対して桜井市長は「少なくともゼロ回答ではない。
私は評価する。
これが合格回答かどうかは、もう少し見極めなければいけない」と述べた上で、この計画を正式に受け入れるかどうかについては、議会や市民の意見も踏まえて改めて東京電力に回答する考えを示した。
新潟・柏崎市役所の映像。
東京電力・小早川智明社長のコメント。

08/26 11:48 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
東京電力・小早川社長は、新潟県・柏崎市長と面会し、柏崎刈羽原発について6号機、7号機の再稼働後5年以内に1号機~5号機のうち1基以上の廃炉を想定していることを明らかにした。
小早川社長は桜井市長に文書を提出。
再稼働と廃炉に関する基本的な考え方を示した。
桜井市長は柏崎刈羽原発の再稼働を認める条件として「1~5号機の廃炉計画提出」を求めていた。
東電の回答を桜井会長は「落第点ではないが平均点には達しない」と評価している。
6号機、7号機はおととし12月、国の適合性審査に合格していて現在は安全対策工事が進められている。
柏崎市役所の映像。

08/26 11:35 日本テレビ 【NNNストレイトニュース】
東京電力・小早川智明社長は柏崎市・桜井雅浩市長と面会。
柏崎刈羽原子力発電所の廃炉計画について言及。
小早川社長は「6、7号機再稼働後に1基以上について廃炉も想定したステップに入っていきたい」。
桜井市長は「今の段階で考え得るできる限りの案を出していただき、誠意、姿勢を評価する」。
東京電力は、柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働を目指すしている。
廃炉計画について言及したのは初めて。
新潟・柏崎市の映像。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組