JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2017年03月30日(木)
最新TV速報
     
【気になる出来事】
山形・蔵王「樹氷」約100年前に撮影・写真を発見] (5件/週)

03/21(火) BS1 【BSニュース】
山形・蔵王「樹氷」約100年前に撮影・写真を発見
冷えた水滴が樹木に吹きつけられてできる、山形・蔵王の観光名物・樹氷を、およそ100年前に撮影した写真が見つかった。
最近では樹氷がまだ大きく育つことのない1月初めに、すでに分厚い氷や雪の塊になっている様子が写され、専門家は“温暖化の影響を受ける前の貴重な写真”と注目している。
見つかったのは、今から96年前の大正10年に慶応大学山岳部のメンバーが撮影した3枚の写真。
樹氷について研究している山形大学・柳澤文孝教授が、東京都内の大学図書館に保管されているのを発見。
蔵王の樹氷写真としては最古。
1月8日に蔵王の山頂付近で撮影したと見られ、木全体が分厚い氷や雪に覆われた「アイスモンスター」状態になっている。
柳澤教授によると、温暖化の影響で最近の山形市の平均気温は大正時代より2度ほど高く、樹氷がこのような状態に成長するのは例年2月ごろになるとのこと。
山形大学・柳澤文孝教授は「樹氷の変化から気温を考える、逆のこともできる」とコメント。

03/21(火) BS1 【BSニュース】
山形・蔵王「樹氷」・およそ100年前に撮影写真を発見
見つかったのは大正10年に慶応大学山岳部のメンバーが撮影した3枚の写真。
樹氷について研究している山形大学・柳澤文孝教授が都内の大学図書館に保管されているのを発見した。
蔵王の樹氷写真としては最も古いという。
1月8日に蔵王山頂付近で撮影したとみられ、木全体が分厚い氷や雪に覆われた「アイスモンスター」状態になっている。
温暖化の影響で最近の山形市の平均気温は大正時代より2度ほど高くなっているという。
山形大学・柳澤文孝教授は「昔に比べると樹氷がスリム化しているという話はあると思うが、気温だけみるのではなくて樹氷の変化から気温を考える、逆のこともできる」と話した。

03/21(火) BS1 【BSニュース】
蔵王の樹氷・96年前の写真見つかる
冷えた水滴が樹木に吹き付けられてできる、山形・蔵王の観光名物「樹氷」を96年前の大正10年に撮影した写真が見つかった。
最近では樹氷がまだ大きく育つことのない1月はじめに、すでに分厚い氷や雪の塊になっている様子が撮影されている。
専門家は、温暖化の影響を受ける前の貴重な写真だと注目している。

▲画面のトップへ