JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2017年03月30日(木)
最新TV速報
     
【気になる出来事】
「あらゆる場面で・・・」元官僚明かす「忖度」の経験は?] (3件/週)

03/21(火) テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
「あらゆる場面で・・・」元官僚明かす「忖度」の経験は?
元国土交通省・早坂実は「政治家の選挙区の公共事業で忖度をしたことがある」という。
政治家の公約に配慮して橋などを作り予算などの配慮をお願いする。
忖度に引き継ぎ書類はなく、先輩の忖度を見て学ぶという。
慶應義塾大学大学院教授・岸博幸は「民間は自分の利益の中でやっているが、役所は税金で行っている。
本来は税金で忖度は絶対にやってはいけない」、青木理は「かつての方がもっとひどかった」、玉川徹は「前例を越えた忖度は忖度ではない」とスタジオコメント。

03/21(火) テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
「あらゆる場面で・・・」元官僚明かす「忖度」の経験は?
元通産省・八幡和郎は「あらゆる場面において忖度はあった」、元厚生労働省・中野雅至は「普通は忖度だけでは動かない」、元経済産業省・石川和男は「許認可や補助金において忖度したことは何度もある」、元国土交通省・早坂実は「政治家の選挙区での公共事業について忖度があった」とコメント紹介。

03/21(火) テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
「あらゆる場面で・・・」元官僚明かす「忖度」の経験は?
“忖度”とは他人の心中を推し量ること(広辞苑)。
官僚は行動原理として、国会でたたかれたくない、メディアにたたかれたくないため「前例主義」でやる。
また政治家や上司には評価されたいため「忖度」する。
慶應義塾大学大学院教授・岸博幸、青木理は「官僚主義の典型的なパターン」、玉川徹のスタジオコメント。

▲画面のトップへ