JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる出来事
2017年03月31日(金)
最新TV速報
     
【気になる出来事】
急発進防止装置・安全性評価へ] (3件/週)

03/21(火) BS1 【BSニュース】
急発進防止装置の安全性評価へ
高齢者によるアクセルとブレーキを踏み間違える事故が相次ぐ中、国土交通省は誤ってアクセルを踏んでも急発進させない装置の普及を促すため、装置の安全性の評価を始める方針を固めた。
今後有識者による会議を設け、具体的な評価方法を検討していく方針。
警察庁によるとおととしまでの5年間で、アクセルとブレーキの踏み間違えによる死亡事故はあわせて226件で、うち75歳以上のドライバーの事故が半数近くを占めている。
大阪・羽曳野、愛媛・八幡浜の映像。

03/21(火) NHK総合・東京 【おはよう日本】
急発進防止装置・安全性評価へ
警察庁によると、一昨年までの5年間、アクセルとブレーキの踏み間違えによる死亡事故は計226件(うち75歳以上の事故が半数近く)。
先月も大阪で、80歳の男性が車を止めようとして建物に衝突、2人がケガをしたほか、今月は愛媛県で77歳の男性が運転する車が店に突っ込み2人がケガをするなど、踏み間違いによる事故は後を絶たない。
各自動車メーカーは、誤ってアクセルを踏んでも急発進を防止する装置の開発を進めてきたが、搭載の車は一昨年販売の新車の36%にとどまる。
国土交通省は、再来年度から車種ごとに搭載装置の安全性評価を始める方針を固めた。
国土交通省は、今後、有識者による会議を設け具体的な評価方法を検討する方針。

03/21(火) NHK総合・東京 【おはよう日本】
急発進防止装置の安全性評価へ
警察庁によると、一昨年までの5年間、アクセルとブレーキの踏み間違えによる死亡事故は計226件(うち75歳以上の事故が半数近く)。
先月も大阪で、80歳の男性が車を止めようとして建物に衝突、2人がケガをしたほか、今月は愛媛県で77歳の男性が運転する車が店に突っ込み2人がケガをするなど、踏み間違いによる事故は後を絶たない。
各自動車メーカーは、誤ってアクセルを踏んでも急発進を防止する装置の開発を進めてきたが、搭載の車は一昨年販売の新車の36%にとどまる。
国土交通省は、再来年度から車種ごとに搭載装置の安全性評価を始める方針を固めた。
国土交通省は、今後、有識者による会議を設け具体的な評価方法を検討の方針。
大阪・羽曳野の映像。

▲画面のトップへ