JCCテレビすべて
話題の記事集 気になる映画
2019年02月22日(金)
最新TV速報
【気になる映画】
万引き家族] (2件/週)




02/22 07:31 NHK総合・東京 【おはよう日本】
米国・アカデミー賞にノミネートされている外国語映画賞・是枝裕和監督「万引き家族」、長編アニメーション賞にノミネートされている細田守監督の「未来のミライ」が注目されている。
「未来のミライ」を紹介。
細田監督はこれまで仮想空間での大騒動を描く「サマーウォーズ」、バケモノと人間の絆を描く「バケモノの子」など高い評価を描いてきた。
「未来のミライ」は97の国と地域で配給され、アニー賞インディペンデント作品賞も受賞した。
今回アカデミー賞にノミネートされたその他の作品は「インクレディブルファミリー」「犬ヶ島」「シュガーラッシュ:オンライン」「スパイダーマン:スパイダーバース」。
国際アニメーション映画協会・チャールズソロモンは「映画は弟や妹が生まれた時に親の愛が奪われてしまうことを描いており、多くの人が共感できる」、細田守監督は「未来のミライは日本の要素だけでできているのに、いろんな国の方が自分の家族の話と照らし合わせてみてくれる。
そのことが世界で作品を発表していくときに実は大事なこと」と話す。
最近では全編をコンピューターアニメグラフィックスで描く作品も多い中、細田監督は今も手書きにこだわっている。
チャールズソロモンは「細田作品の背景はとても美しく見事に描かれている。
背景に関して重要なのは豪華さではなくキャラクターが生きる世界を創り出すこと」、映画評論家・小西未来は「4歳児の物事の見方は普遍的だけど細田監督の実体験に基づいたちゃんとした4歳児のおどろきに満ちた視点で描かれているのは新しかった」という。
細田監督は「よくある冒険モノをやればいいのかもしれないが、自分のなかで問題意識があり、そういう世の中にたくさんあるものではなく、本質的に子どもの成長ってなんだろうとか家族ってなんだろうということを映画を通して描かないことには映画を作る意味がないと思う」と話す。

02/16 07:45 フジテレビ 【めざましどようび】
2018年第92回キネマ旬報ベストテン表彰式が東京・文京シビックホールで行われた。
日本映画ベストテン1位は「万引き家族」(ギャガ)。
主演女優賞は安藤サクラ(「万引き家族」)。
主演男優賞は安藤の夫の柄本佑(「きみの鳥はうたえる」「ステキなダイナマイトスキャンダル」ほか)」が受賞した。
夫婦での主演女優賞、男優賞受賞はキネマ旬報ベストテン史上初。
助演女優賞は木野花(愛しのアイリーン」)が、助演男優賞は松坂桃李(「孤狼の血」)が受賞。
さらに第73回毎日映画コンクール表彰式(カルッツかわさき)でも安藤サクラと柄本佑が主演男優、女優賞をダブル受賞した。
柄本は「昨年母が(角替和枝)が亡くなり受賞の報告は直接できなかった」とコメント。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組