JCCテレビすべて
ビッグニュース
2019年02月22日(金)
最新TV速報
【ビッグニュース】
野田市女児殺害・暴行の動画が見つかる] (339件/週)

02/11 20:51 BS1 【BSニュース】
千葉県野田市で小学4年生の女児が死亡し、傷害の疑いで両親が逮捕された事件。
女の子が児童相談所による一時保護を経て親族の家に預けられていた去年2月、まだ親元に戻すことが決まっていなかったにも関わらず、父親が小学校に対し、子どもの送り迎えを再開すると伝えていたことが分かった。
児童相談所は報告を受けても特に対応を取らずその翌日追認するように女児を親元に戻す決定をしていて、県が詳しい経緯を調べることにしている。

02/11 19:50 BS1 【BSニュース】
千葉県野田市の自宅で小学4年生の女児が死亡し、傷害の疑いで両親が逮捕された事件。
おととし、父親の暴力を訴え、児童相談所による一時保護を経て父方の親族の家に預けられていた去年2月、まだ親元に戻すことが決まっていなかったにも関わらず、父親が小学校に対し、今後は妻が子どもの送り迎えを再開すると伝えていたことが分かった。
児童相談所は報告を受けても特に対応を取らずその翌日追認するように女児を親元に戻す決定をしていて、県が詳しい経緯を調べることにしている。
千葉県柏児童相談所の映像。

02/11 18:45 NHK総合・東京 【ニュース645】
千葉・野田市で小学4年生の女の子が死亡し、傷害の疑いで両親が逮捕された事件。
女の子はおととし、父親からの暴力を訴え柏児童相談所に一時保護された。
保護が解除され父方の親族の家に預けられていた去年2月、親元に戻されることがまだ正式には決まっていなかったにも関わらず、父親が学校に対して「今後は妻が子どもの送り迎えをする」などと電話で連絡していたことが、野田市の記録からわかった。
実際、この日以降、学校では母親の姿が目撃されていたという。
児童相談所は当日のうちに報告を受けて事態を把握したが、特に対応は取らず、その翌日、追認するように女の子を親元に戻す決定をしていた。
事件後の会見で児童相談所は「親元に戻したのは総合的な判断の結果」と説明したが、適切な判断だったのかどうか今後、県が詳しい経緯を調べることにしている。

02/11 18:00 TBSテレビ 【Nスタ】
千葉県野田市で小学4年生の女子児童が死亡し両親が傷害の疑いで逮捕された事件。
女子児童が児童相談所に一時保護された際、PTSDの疑いがあると診断されていたことがわかった。
女子児童はおととし11月小学校のアンケートに父親の容疑者からの暴力を訴え、児童相談所に保護されていた。
診断結果は一時保護が解除された後の対応方針について柏児童相談所が記した書類に書き残されていた。
この書類には、「父親と2人だけで会わせないというのではなく一定期間絶対に会わせないという条件にすべき」などと書かれていて、翌日にも同様の報告がされていたという。
ところが児童相談所は約2カ月後に「虐待の再発は認められない」として女児を両親が住む自宅に戻す決定を行った。

02/11 17:16 テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
先月死亡した千葉・野田市の小学4年生の女の子は、おととし11月、児童相談所に一時保護された際、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の疑いがあると診断されていた。
その後、一時保護が解除された際、柏児童相談所は野田市に対し「父親とは一定期間、2人で会わせないように」などと報告していたことがわかった。
しかしその2か月後、児童相談所は父親に「自宅に連れて帰る」などと言われ、女の子が父親と生活することを了承していた。
ジャーナリスト・大谷昭宏のスタジオコメント。
警察庁に言及。

02/11 17:14 フジテレビ 【プライムニュース イブニング】
小学4年の10歳の女の子が1月、千葉・野田市の自宅で死亡し、両親が虐待の疑いで逮捕された。
女の子は2017年11月、小学校のアンケートに「お父さんにぼう力を受けています」と書き柏児童相談所に一時保護されたが、野田市によるとその際に児相の職員が父について尋ねると「泣き出すことがあった」「医師がPTSDの疑いがあると診断した」と報告があったという。
しかし、この2カ月後、児相は女の子が自宅に戻ることを認めていた。

02/11 16:14 TBSテレビ 【Nスタ】
千葉・野田市で小学4年生の女子児童が死亡し、両親が傷害の疑いで逮捕された事件。
女子児童にかつての自分を重ね合わせる女性がいる。
現在24歳の女性は幼い頃から父親の暴力を受け、母親からも守ってもらえなかったという。
高校1年のとき、警察官に足の大きなあざを見つけられ、一時保護されたが、保護された児童相談所での暮らしは決して心安らぐものではなかった。
女性は「自宅に帰りたい」と自ら申し出るが、そのときの絶望的な気持ちを今も覚えている。
虐待を受けていた女性は「これで帰りたいと思ったら、私の家は虐待ではなかったのかな、私が悪い子だからこんな刑務所みたいな保護所に入れられているのかな」と話した。
女性は今、同じような経験を持つ人たちと集まり、虐待された子どもの側から問題点などを行政に伝える活動をしている。
女子児童は学校のアンケートで自ら助けを求め、一時保護された。
しかし教育委員会がアンケートを父親に見せるなどした末に、女子児童は自宅に戻され、その後再び学校や行政に暴力の被害を訴えることはなかった。
女性は「虐待を経験してきた自分たちの声を生かしてほしい」と話している。
子どもの声から始めようプロジェクト(東京・日本橋・サイボウズ)、野田市役所の映像。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組