JCCテレビすべて
ビッグニュース
2017年10月19日(木)
最新TV速報
     
【ビッグニュース】
衆院選序盤情勢] (163件/週)


10/14 19:00 NHK総合・東京 【ニュース7】
衆議院選挙公示後初の週末。
各党党首は街頭演説を行い公約や目指す政策を直接有権者に訴えた。
自民党・安倍首相は「民主党政権時代は下がったGDPは493兆円から543兆円、50兆円増えた。
株価も上がった。
年金の財政はしっかりしたものになってきた」、希望の党・小池代表は「アベノミクスこれだけやっているのにまだ不十分なほかの国より取り残されている経済情勢。
特区という形で規制改革のモデルケースやろうとしたら加計、森友問題」、公明党・山口代表は「高齢化社会のピークを迎える。
未来を担う子供をしっかり育て先々を見据えた手も打たなければならない」、共産党・志位委員長は「1%の富裕層や大企業のための政治でなく99%の国民のための政治を」、立憲民主党・枝野代表は「介護職員、保育士、命に関わる責任の重い仕事、重労働にも関わらず給料が安いのはおかしい」、日本維新の会・松井代表は「自民党圧勝だけでいいのか」、社民党・吉田党首は「アベノミクスはいざなぎ超えと言われている。
しかし実際には恩恵を受けていない」、日本のこころ・中野代表は「北朝鮮が国際社会に真っ向から挑戦をして暴走を繰り返している」とコメント。
香川・坂出市、神戸、仙台、さいたま市、東京・武蔵野市、兵庫・西宮市、福岡、仙台の映像。
消費税、教育、社会保障に言及。

10/14 17:34 テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
衆議院選挙は公示後初の週末を迎えた。
与党が優勢という序盤の情勢を受けて与党側は足場固めに、野党側は巻き返しに批判合戦を繰り広げている。
自民党・総裁・安倍総理大臣は「平和安全法制反対と叫んで憲法違反と言いていた。
党が変わったら合憲になるっておかしい」、公明党・山口代表は「立憲民主党は枝野が代表、菅直人が顧問でしょ。
思い出すまね、あの民主党政権の東日本大震災の対応、危機管理」、希望の党・小池代表は「安倍総理にも女性政策をもっとやりましょうと促してきたが:やり方が中途半端」、共産党・志位委員長は「こんなにも日本国憲法を蔑ろにしてきた政権はかつてない。
安保法制、秘密法、共謀罪どれもこれもが憲法違反」、立憲民主党・枝野代表は「森友学園、加計学園、情報を隠しごまかす開き直るこんなことを通用させていいのか」、日本維新の会・松井代表は「なぜ消費増税を反対して教育無償化を言えるのかというと大阪では高校は私学も無償になっている」、社民党・吉田党首は「安倍政権の政治姿勢として厳しく問わなければいけない」、日本のこころ・中野代表は「自衛隊の存在が必要だ、活動が必要だということであれば日本国憲法に明記すべき」とコメント。
香川・坂出市、福島市、兵庫・宝塚市、さいたま市、東京・武蔵野市、兵庫・宝塚市、福岡・博多区、仙台市の映像。

10/14 17:31 TBSテレビ 【報道特集】
衆議院選挙の公示後初の週末を迎え、各党党首は各地で指示を訴え、舌戦は激しさを増している。
序盤の情勢調査で自民党と公明党の優勢が伝えられる中、共産党・志位和夫委員長、社民党・吉田忠智党首は、安倍一強政治をストップさせようと訴えた。
志位委員長は埼玉・さいたま市で「数の暴力で押し通してきた。
憲法が権力を無視して暴走をやっている。
国民の手で暴走を止めよう」、吉田党首は福岡・福岡市で「国民に背を向けた政策を進める安倍政治を続けさせてよいのか」と訴えた。
日本維新の会・松井一郎代表は兵庫・神戸市で、元神戸市議の政務活動費不正受給問題を引き合いに出し「自民党を勝たせ過ぎたら緩み、たるみ、おごりが出る」と訴えた。
日本のこころ・中野正志代表は安倍政権を支援。
中野代表は宮城・仙台市で「批判だけでは国際政治、国内政治が進むわけにはいかない」と述べた。
政権選択選挙まであと8日。

10/14 09:03 BSジャパン 【日経プラス10サタデー ニュースの疑問】
女優・川栄李奈は選挙啓発イベントで「ぜひ投票に行ってください」とコメント。
主な争点:安倍政権の是非、消費税増税、憲法改正、北朝鮮問題、原発政策。
日本経済新聞情勢調査では自民党・公明党で300議席に迫る勢い。
自民は単独で244議席上回るか。
希望の党は70議席程度か、立憲民主党は第3党をうかがう勢い。

10/14 08:07 フジテレビ 【めざましどようび】
日本経済新聞は「なぜ民進党に残った参議院議員から再結集を求める声が出てきたのか。
背景には前原代表が合流を主張する希望の党が選挙情勢で延び悩んでいる現状がある。
民進党が持っている資金が希望の党に流れる可能性があることにも反発は強い。
ただし民進党の参議院議員が一枚岩とは言い切れず、参議院の幹部は衆議院選挙後に前原代表、無所属組、参議院議員で相談して今後の対応を決めると話している」と報じている。
民進党の参議院議員の間では選挙後に両院議員総会を開き前原代表に一連の対応について総括を求める声が上がっているという。

10/14 07:53 BS1 【BSニュース】
衆議院選挙で各党は北朝鮮情勢が緊迫する中、核、ミサイル、拉致問題などの解決に向けた外交政策や防衛体制の整備などをめぐっても論戦を繰り広げている。
北朝鮮への対応について自民党は安全保障関連法に基づき、日米同盟を強固にして抑止力を高めるとともに地上配備型迎撃ミサイルシステム導入などミサイル防衛態勢を強化するとしている。
また北朝鮮に政策を変えさせるためには世界をリードできる経験豊かで安定した政権が必要だと訴えている。
希望の党は、ミサイル防衛を含めて現実主義に立脚した外交安保体制を構築するとしている。
日米韓が中心となり中国とロシアを含めた国際社会に北朝鮮制裁の厳格な実施を働きかけ、対話に導くとしている。
公明党は安保理制裁決議の実効性を高め外交解決を図るには政権基盤を固める必要があると訴えている。
共産党は核実験、弾道ミサイル発射は絶対に許されないとしており、戦争回避のために経済制裁の強化と共に、米国と北朝鮮の直接対話など平和的解決を目指すとしている。
立憲民主党はは核実験、弾道ミサイル発射は断じて許されないとしており、中国やロシアなど国際社会と連携して圧力を強めて外交努力で北朝鮮を対話のテーブルにつかせるとしている。
日本維新の会はミサイル防衛を強化し日米同盟を深化させ抑止力を強めるとしている。
また拉致問題などの解決に向け米韓中との連携を強化するとしている。
社民党は対話による外交努力で平和的解決を目指すとしている。
日本のこころは、地上配備型迎撃ミサイルシステムの早期配備を主張している。
自衛隊に言及。
自民党・安倍総裁、希望の党・小池代表の映像。

10/14 07:41 テレビ朝日 【週刊ニュースリーダー】
衆議院議員選挙は公示から5日目。
全国小選挙区の情勢:小選挙区289、与野党一騎打ち57、野党乱立227、その他5。
野党共闘が崩れ、安倍政権への批判票が分散したことが与党への追い風になっている。
朝刊各紙の情勢調査:朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、日経新聞を紹介。
序盤の情勢「与党が過半数に達する勢い、野党は苦戦」を受けた各党の反応や戦略:自民党・二階幹事長「一瞬たりとも楽観を許さない」、希望の党「“何も政治は変わらない”対決姿勢を鮮明に」、公明党「新党ができ票の分散を懸念」、共産党「“漁夫の利”を一時的に自民党が得ているに過ぎない」、立憲民主党「今までになく反応がいい」、日本維新の会「松井代表が大阪を重点的に回り議席確保を狙う」、社民党「“森友加計問題”や憲法改正の反対を訴える」、日本のこころ「中野代表が精力的に街頭演説」。
自民党・安倍総裁、希望の党・小池代表、公明党・山口代表、共産党・志位委員長、日本維新の会・松井代表、立憲民主党・枝野代表、社民党・吉田党首、日本のこころ・中野代表の映像。
早稲田大学・中林美恵子教授、菊地幸夫弁護士のスタジオコメント。
民主党、民進党、期日前投票、選挙区、区割りについて言及。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
アクセスランキング
注目番組