JCCテレビすべて
ビッグニュース
2017年02月24日(金)
最新TV速報
     
【ビッグニュース】
東芝が東証二部に降格へ] (256件/週)

02/20(月) テレビ東京 【Mプラス11】
マーケット情報
日経平均株価は小幅な下落。
NIKKEI CNBC・榎戸教子、岡村友哉が解説。
為替は円高基調。
ソフトバンク、トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャルグループ、東芝、ファーストリテイリング、ブリヂストン、セリア(100円ショップ)、ヨネックスの株価。
ソフトバンクは米国の携帯電話事業でスプリントの経営権をTモバイルUSに譲渡することを検討中(ロイター通信)。
トランプ砲、税制改革に言及。

02/20(月) BSジャパン 【日経モーニングプラス】
東芝からの教訓“のれん”に気を付けよう!
「東芝からの教訓“のれん”に気を付けよう!」マーケットエコノミスト・崔真淑が解説する。
東芝の株価をみる。
2015年7月に不適切会計が発覚し株価が下がった。
その後、役員の一新や事業再生の目途がたった事もあって、株価が浮上したが、昨年末に米国の原発子会社ウエスチングハウスの追加減損が話題となり再び下がる動きとなる。
東芝2016年3月期の財務状態を紹介。
教訓は“のれん”が株主資本より大きい財務タイプを持つ企業は要注意。
電通の財務状況を紹介。
2012年3月期から英国の公告大手イージス買収までの変化を紹介。

02/20(月) BSジャパン 【日経モーニングプラス】
<相場の焦点>日米の株価格差をうめられるか!?
「日米の株価格差をうめられるか!?」マーケットエコノミスト・崔真淑が解説する。
東芝に言及。
米国のNYダウは史上最高値を更新している。
そして、日本の株は足踏み状態と温度差がある。
日本のTOPIX、日経平均ともにさえない動きをしいてた。
その理由の1つとして円高が進んでいた。
先週の下落率第1位は不動産業種、第2位は情報通信と内需系だった。
今週はトランプ大統領への期待が出てくるかどうかがポイント。
税に言及。
日経平均、大阪夜間を紹介。

02/20(月) BSジャパン 【日経モーニングプラス】
東芝・米国テキサスの原発計画撤退
東芝が米国テキサス州の原子力発電所新設計画から事実上、撤退する見通しとなった。
東芝が米国の原子力事業で巨額損失を計上する見込みになって以降、受注済みの海外の原発新設を見直す初の事例となる。

02/20(月) BSジャパン 【日経モーニングプラス】
株式情報
日経平均、米国の株価指数(NYダウ、ナスダック、S&P500)、NY原油、為替相場(ドル円、ユーロ円、ユーロドル)を紹介。
東芝、円高に言及。
マーケットエコノミスト・崔真淑、日本経済新聞コラムニスト・脇祐三が解説する。

02/20(月) テレビ東京 【Newsモーニング・サテライト】
<日刊モーサテジャーナル>東芝は今が買い
週刊投資新聞バロンズは東芝も株は買いと報じている。
日本では名門企業が上場廃止、破産するのは珍しい。
同じように含み損を抱えたシャープは上場廃止になっていないとしている。
また東芝のフラッシュメモリーについて、利益の半分以上を生み出し魅力的、分社化後も多額の増資を見込めると伝えている。
東芝の株価は先週終値から50%以上株価上昇と予想。

02/20(月) BSジャパン 【Newsモーニング・サテライト】
<日刊モーサテジャーナル>東芝は今が買い
週刊投資新聞バロンズは東芝も株は買いと報じている。
日本では名門企業が上場廃止、破産するのは珍しい。
同じように含み損を抱えたシャープは上場廃止になっていないとしている。
また東芝のフラッシュメモリーについて、利益の半分以上を生み出し魅力的、分社化後も多額の増資を見込めると伝えている。
東芝の株価は先週終値から50%以上株価上昇と予想。

▲画面のトップへ